サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 世界中のファンを大いにざわつかせた、シトロエン C6【Back to SEDAN】

ここから本文です

世界中のファンを大いにざわつかせた、シトロエン C6【Back to SEDAN】

宇宙船を思わせるようなシトロエン独自のデザイン

シトロエンの歴代のフラッグシップモデルであるDS、CX、XMに続くモデルとして2005年に登場したのがC6だ。 DS、CX、そしてこのC6はフランス大統領の公用車として採用されてきた由緒正しいモデルでもある。

シトロエン C6のカタログはこちら

DSから連綿と続く、フロントに比べて極端に短いリアのオーバーハングや、特徴的なリアウインドウのグラフィックなど、宇宙船を思わせるようなシトロエン独自のデザインはC6にも受け継がれている。

XMの生産終了から約10年を経て復活したフラッグシップモデルC6は世界中のシトロエンファンを大いにざわつかせた。

日本仕様のパワートレインは最高出力215ps、最大トルク30.5kg・mを発生する3L V6のガソリンエンジンに、アイシンAW製6速ATの組み合わせ。 全車FFで、日本では2006年から2010年にかけ、右ハンドル仕様が約600台販売された。

ハイドロニューマチックサスペンションは、「ハイドラクティブIIIプラスサスペンション」へと進化し、 形式はフロントがダブルウィッシュボーン、リアはマルチリンク。電子制御式で油圧とエアサスを融合したサスペンションが、一般的なバネを使ったものとはひと味もふた味も違うシトロエンらしい独特の乗り味を実現していた。

また、路面状況や走行状況に応じてロードクリアランスを調整するハイトコントロール機能を備えているうえ、スイッチ一つで車高調整が可能。「ノーマルモード」と「スポーツモード」のドライブモードは自動で切り替わるほか、任意での選択もできる。

インテリアのデザインは、シンプルかつクリーン。デジタル式のメーターパネルに加えてヘッドアップディスプレイを装備。 シートはフランス車らしく容量たっぷりで、やさしく包み込まれるような着座感が味わえる。

本国では、2.2L 直4ターボディーゼルや2.7L V6ターボディーゼルエンジンを搭載したモデルが主流。数はそれほど多くはないものの、日本へ並行輸入されたディーゼルモデルが存在している。

C6のすいような乗り味は、トルクフルなディーゼルエンジンとのマッチングも良い。

中古車市場での流通量は年々減少傾向にある。購入を検討している人は、程度良好な1台との出合いを最後のチャンスと考え、迷わず買いの選択を。 文/藤野太一、写真/Groupe PSA Japan

シトロエン C6のカタログはこちらシトロエン C6の中古車はこちらカーセンサーEDGE.netはこちら

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します