サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「マツダCX-3」ロングセラーのスタイリッシュなコンパクトSUV

ここから本文です

「マツダCX-3」ロングセラーのスタイリッシュなコンパクトSUV

2015年2月に登場したマツダCX-3はコンパクトカーのデミオ(現マツダ2)をベースとしたコンパクトSUV。現在販売されているマツダのSUVの中で最もロングセラーモデルとなっています。搭載されているパワートレインもデビュー時から一変し、クルマのキャラクターもプレミアムコンパクトSUVからマツダのエントリーSUVへとキャラ変、価格帯もリーズナブルとなっています。そんなマツダCX-3を徹底レビューしましょう。

コンパクトSUVの中でも存在感のあるスタイル2015年2月にデビューしたCX-3は上質かつスタイリッシュなデザイン、あらゆる場面での使いやすさを追求したサイズとパッケージング、素直に運転が楽しいと感じられる走行性能を高次元で融合したモデルです。

カーリースとは?本当のメリット・デメリットと車のリースを徹底解説!

ボディサイズは全長4275mm×全幅1765mm×全高1550mmで都市部に多く存在する立体駐車場に対応しています。CX-3の外観デザインは、かたまり感のあるボディサイドとそれに対比させる伸びやかなキャビンやショートオーバーハング等により、存在感のあるプロポーションを実現しています。

上質さと使いやすさが両立したインテリアインテリアはドライバー中心にデザインされたコクピットや、心地よい包まれ感のあるドアトリムなど、先鋭的かつ上質なインテリア空間を実現し、ディテールの造り込みにも徹底的にこだわっています。

コンパクトなボディながらCX-3のラゲージスペースは、5人乗車時で幅1,000mm、前後長780mm、容量350L(サブトランク含む)の荷室スペースを確保。また積載状況に応じて上下に位置を変えられるフレキシブルボードを採用しているのが特徴です。

登場時はディーゼルエンジンのみラインナップ、トルコンATとMTもマツダらしい発売当初は最高出力105ps、最大トルク270Nmと2.5Lガソリンエンジンを上回るトルクを発生する1.5L直列4気筒ディーゼルターボを搭載。このディーゼルエンジンには、ディーゼルエンジン特有の「ノック音」を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を当時世界で初めて採用。これにより走行時の静粛性を高めるとともにエンジン音の質にもこだわっています。そして組み合わされるミッションは全グレードで6速ATに加えて6速MTを設定。さらに新世代4WDシステム(i-ACTIV AWD)を採用し、路面状況が変化しても高い走行性能を発揮します。

安全装備は先進の安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)を搭載。各種検知デバイスによる安全装備と、運転操作に対してリニアに応答する優れた運動性能や視界などの基本性能により、ドライバーの認知・判断・操作を適切にサポートします。

ロングセラーモデルだけに走りや安全装備には度重なる改良が2015年12月には早くも一部改良を行い、エンジンのノック音を抑制する「ナチュラル・サウンド・スムーザー」を全車に標準装備。フロントドアガラス板厚の変更とあわせ静粛性を向上させています。また、サスペンションのダンパーやスタビライザーの構造、電動パワーステアリング特性を緻密にチューニングし、操縦安定性を向上させながらも、より上質な乗り心地も両立させています。そして、新たに「DE精密過給制御」という、軽負荷領域でのアクセル操作に対してクルマがリニアに反応するよう緻密なエンジン制御を行うように改良しています。

2016年10月の一部改良では、マツダの新世代車両運動制御技術「SKYACTIV-VEHICLE DYNAMICS(スカイアクティブ ビークル ダイナミクス)」の第一弾、「G-Vectoring Control(G-ベクタリング コントロール)」を採用し、無駄な揺れを減らし走りの質感を向上させました。さらに、運転支援技術のアドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート(アドバンストSCBS)」は歩行者検知が可能となり、安心・安全なドライビング性能を向上させています。

2017年6月の一部改良では、マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を全車に標準装備しました。また、従来の1.5L直4ディーゼルエンジンに加えて、最高出力150ps、最大トルク195Nmを発生する2L直4ガソリンエンジンを追加しました。

2018年5月にCX-3は大幅改良を行い内外装の変更をはじめ、次世代の車両構造技術「SKYACTIV-VEHICLE ARCHITECTURE(スカイアクティブ-ビークル アーキテクチャー)」を一部採用。サスペンションやシートウレタンを改良するとともに、新開発のタイヤを採用することにより、クルマを操る楽しさだけでなく、乗り心地や静粛性の向上を図りました。ディーゼルエンジンは新開発の1.8L直4ディーゼルターボエンジンに変更。2Lガソリンエンジンも新技術を採用し、トルク向上と実用燃費向上を果たしています。

2020年に追加された1.5Lガソリンエンジンは割安感たっぷりそして2020年5月の一部改良では車両本体価格200万円を切った1.5Lガソリンエンジン搭載車を追加。運転支援システムが充実しながらもリーズナブルな価格設定とし、マツダのエントリーSUVという色合いが強まりました。

ロングドライブが多いという人はディーゼルエンジンを搭載したモデルがオススメですが、街乗り中心という人には2020年に追加された1.5Lガソリンエンジン車も選択肢に入れて良いでしょう。エンジンそのものが軽量ということもありますが、2WD車の場合、同じ6ATのディーゼル車より90kgも車両重量が軽量なのでフットワークが軽快です。燃費性能もWLTCモードで17.0km/Lと非常に優れており、さらに安全装備も充実しているという魅力タップリのモデルです。それでいて車両本体価格は上級グレードの15S ツーリングの2WD車が199万1000円と200万円を切っています。装備が充実した特別仕様車の15S アーバンドレッサーでも227万1000円です。

デビュー時こそプレミアムコンパクトSUVと称して、車両本体価格は高かったCX-3ですが、車種ラインアップの拡充とともに、人気のコンパクトSUVの中でも非常にバリューが高いモデルへとポジションが変わっています。

■CX-3価格表

グレード駆動方式WLTCモード燃費(km/L)車両本体価格15S2WD17189万2000円4WD15.7212万2200円15S ツーリング2WD17199万1000円4WD15.7222万1200円20S プロアクティブ    Sパッケージ2WD16248万6000円4WD15.2271万6200円20S エクスクルーシブモッズ2WD16265万7600円4WD15.2288万7800円XD(6MT)2WD23.2249万2600円4WD21.2272万2800円XD(6AT)2WD20249万2600円4WD19272万2800円XD プロアクティブ    Sパッケージ(6MT)2WD23.2278万9600円4WD21.2301万9800円XD プロアクティブ    Sパッケージ(6AT)2WD20278万9600円4WD19301万9800円XD エクスクルーシブモッズ(6AT)2WD20 293万2600円4WD19316万2800円※記事の内容は2021年4月時点の情報で制作しています。

The post おすすめのカーリース会社3選!本当に選ぶべきカーリース会社とは? first appeared on カルモマガジン.

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します