サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 非常時に活躍するキャンピングカー、需要高まる…保有台数は前年比6.7%増の12万7400台

ここから本文です

日本RV協会は、『キャンピングカー白書』の最新版を発行。それによると、キャンピングカー保有台数は前年比6.7%増の12万7400台、販売総額は同10.6%増の582億円と、市場拡大が続いていることが明らかになった。

調査はRV協会が運営する「くるま旅クラブ」会員のキャンピングカーユーザー1万1315人および、日本RV協会員のキャンピングカーメーカー/販社113社を対象に実施した。

調査結果によると、2020年のキャンピングカー保有台数は前年比6.7%増の約12万7400台。2016年に10万台を超えてから、順調にその数値を伸ばしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン