サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデス代表も称賛。苦しんだボッタスが巻き返しのポール「予選の弱点を徹底的に修正。努力は必ず報われる/F1第3戦

ここから本文です

メルセデス代表も称賛。苦しんだボッタスが巻き返しのポール「予選の弱点を徹底的に修正。努力は必ず報われる/F1第3戦

メルセデス代表も称賛。苦しんだボッタスが巻き返しのポール「予選の弱点を徹底的に修正。努力は必ず報われる/F1第3戦

 2021年F1ポルトガルGPの土曜予選で、メルセデスのバルテリ・ボッタスはF1キャリアでの17回目のポールポジションを獲得した。

 FP3では3番手(1分18秒820/19周)。予選ではQ1では1分18秒722で1番手、Q2では1分18秒458で2番手、Q3では1分18秒348でポールポジションをつかんだ。

ハミルトン、0.007秒差で100回目のポール獲得ならず「予選中、1周しかいい走りができなかった」メルセデス/F1第3戦

 ボッタスは前戦エミリア・ロマーニャでは予選で8番手にとどまり、決勝で9番手を走行している際に後方から追いついてきたジョージ・ラッセル(ウイリアムズ)との間で接触が起き、リタイアに終わった。

 チーム代表トト・ウォルフは、前回悲惨な週末を過ごしたボッタスが今季初ポールを獲得したことを喜び、「この2戦は予選が我々の弱点だったが、今回トップに戻ることができた。バルテリがこれほどのパフォーマンスを発揮するのは初めてではないが、今日の彼は素晴らしかった。常々言ってきたように、彼にはトップに立つ力があるのだ」と称賛した。

 ボッタスは決勝をミディアムタイヤでスタートする。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 予選=1番手
 予選で経験していたいくつかの問題点について理解するために、懸命に努力した。物事を修正したことで、今日の結果を出すことができた。どちらかというとこれが本来の状態なんだ。満足だよ。

 最初の2戦は、スピードがあるのは分かっていたが、タイヤのウォームアップをうまくできないことが一番の問題点だった。この点に焦点を当てて作業を行い、学習を積んだんだ。このハードワークが報われるだろうことは最初から分かっていた。冷静さを保ち、プランを実行し、細かい部分に目を向けることがカギだった。特にアウトラップが重要だった。

 予想していたより強さがあったことは、うれしい驚きだ。でもまだ予選にすぎない。すでに明日の決勝に気持ちを切り替えているよ。レッドブルのマシンは決勝で強力だと分かっている。最高の戦いになりそうだ。

(F1公式サイトに語り)精神面で、イモラから多くのことを学んだ。どのレースからも学ぶことがある。前戦からも学ぶべきことを学び、忘れるべきことは忘れて、前に進んだ。いつだって懸命に取り組めば、結果が出る。それはチームに対しても言い続けてきたことだ。今日は、いい走りをすれば、ポールを獲ることは可能だと分かっていた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します