サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ごみ収集に燃料電池車---東京都、港区、早大が開発・試験運用で協定

ここから本文です

早稲田大学と東京都、港区はは6月25日、水素社会の実現を目指して燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用に向けて協定を締結したと発表した。

走行距離が長く、動力としても多くのエネルギーを必要とする業務用車両における水素燃料の使用は、脱炭素化や水素利用の拡大のために有望視されている。燃料電池ごみ収集車は、走行時に大気汚染物質を一切排出せず、走行や作業時、高い静粛性を確保できることから、ごみ収集時の作業環境や生活環境の生活向上にも貢献する。

東京都と早大は、都市の特性に適した燃料電池ごみ収集車の開発・試験運用で協力してきた。

おすすめのニュース

サイトトップへ