サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > アルファードとヴェルファイアで明暗! かつては上位だった販売シェアが見る影もないヴェルファイア、敗因は「やり過ぎたデザイン」!?

ここから本文です
トヨタの高級ミニバン「アルファード」が売れまくっている! 2021年上半期の販売ランキングではコンパクトカーに続く3位。半年で5万6778台(月平均約9400台)というから凄い。いっぽうで兄弟車のヴェルファイアはすっかり影を潜めてしまい46位。半年で4845台(月平均約800台)という実績である。しかしこの2台、少し前まではヴェルファイアのほうが売れていた時代もあったのだ。今回はそんなアルファードとヴェルファイアに起きた明暗の歴史について、モータージャーナリストの鈴木 ケンイチ氏が辿ってみる。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン