サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 新型アクアはレクサス並みの乗り心地!? 最上位グレードに備わるダンパーがアクアのプレミアム度をさらにアップする

ここから本文です

トヨタが2021年7月19日に発表した新型アクアには、最新のサスペンション技術が搭載されている。同じコンパクトカークラスのヤリスに比べ、より滑らかな乗り心地を実現させた「スウィングバルブショックアブソーバー」が、最上級グレード「Z」にのみ採用されているのだ。なんとこの技術、あの高級車ブランド“レクサス”に採用されるもの。極低速域から効くという、乗り心地改善のスゴ技をご紹介しよう。

ヤリスなどに続き、新開発のTNGA GA-Bプラットフォームを採用した新型アクア

>>上質に生まれ変わった新型アクア! トヨタの最新コンパクトハイブリッドを写真でもっと見てみる(全41枚)

トヨタ 新型アクアは、2011年発売の初代モデルからおよそ10年ぶりにフルモデルチェンジを果たした。

おすすめのニュース

サイトトップへ