サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 昔の刑事ドラマで爆破は当たり前!? 劇中で使われるクルマの正体とは

ここから本文です

昔の刑事ドラマで爆破は当たり前!? 劇中で使われるクルマの正体とは

■実際の払い下げ車両も存在する「劇用車」とは

 ドラマや映画で活躍するクルマには、救急車やパトカーなどの緊急車両も登場します。あのようなクルマは、普段どうなっているのでしょうか。

「TURBO」の文字が反転しているのがカッコイイ! 昭和のクルマあるある5選

 テレビドラマや映画などで使用されるクルマは「劇用車」と呼ばれる、撮影などのためだけに用意された特別なクルマです。

 2006年7月11日に発出された、警察庁の施策を示す通達の警察庁丁規発第50号「劇用車を使用するロケーションに伴う道路使用許可の留意事項等について」では、劇用車について「道路運送車両法第4条の規定による自動車登録ファイルへの登録を受けていない自動車等であって劇中において使用するためのものをいう」と記載されています。

 自動車登録されていないということは、ナンバーが交付されていないため、私有地や許可を受けた敷地でのみ走行が許されたクルマです。

 劇用車は、テレビや映画の制作会社が保有していることは少なく、多くは劇用車専門のレンタル業者からレンタルします。

 たとえば医療モノの映画やドラマでは救急車が登場し、内装まで本物そっくりの車内で緊迫感あふれるシーンが撮影されていますが、これらの車両はどのように調達するのでしょうか。

 劇用車レンタルを手掛ける業者は、次のように話します。

「救急車や消防車は、払い下げの車両を買い付けるなどで調達します。車内の設備も、一部は現役運用されていた当時のものがそのまま使われています」

 救急車や消防車は個人での購入も可能なため、劇用車レンタル業者によっては新車で購入することもあるようですが、改造費を含めるととても高価であることから、実際に現場で使用されていた車両の払い下げを購入することが多いようです。

 一方、パトカーについては払い下げが禁止されていますが、こちらはどのように調達するのでしょうか。

「パトカーは、市販のクルマを塗るだけです。回転灯も取り扱い業者から調達して取り付けますが、サイレンについては搭載していません。劇中のサイレンの音は、編集時に加えられたものです」(前出のレンタル業者)

 刑事モノなどに使用されるパトカーは、トヨタ「クラウン」やスバル「レガシィ」が多く、現行型よりも古い車種が使われているようです。

 その理由は、ベース車両となるクルマがパトカー専用グレードに近いタクシーや教習車などの払い下げの中古車を購入しているためといわれています。

 緊急自動車のほかには、護送車、霊柩車、白バイ、リムジンなど、個人では所有していないようなクルマもレンタルすることができます。

 なお、バスやタクシーなどは、実在するバス会社やタクシー会社の協力で撮影することがあるようですが、長時間・長期間の撮影の場合はレンタルすることが多いようです。

 また、レンタル業者によってパトカーの種類が豊富な場合や、旧車に強い、または「品川」など人気地区のナンバープレートの車両が多かったりと、得意分野もあるようです。

■劇用車は個人でも借りられるのか?

 劇用車専門のレンタル業者は、最新の高級車から旧車まで、多種多様なクルマを手配してくれます。

 自社在庫がなく手に入りにくいクルマも、納車までは時間を要することはあるようですが、さまざまなネットワークから入手することが可能なようです。手配できない車両はないのでしょうか。

 前出のレンタル業者は、次のように話します。

「まれに戦車の取り扱いはあるかとのお問い合わせをいただくことがあります。国内でも個人で所有されている人がいるようなのですが、当社では手配しておりません」

 戦車は海外で販売しているところもあるようですが、国内に持ち込むにあたっては解体する必要があるほか、組み立てする場合にも砲を使えなくする必要もあり、さらには公道を走行する許可を取るのが難しいこともあって、取り扱いは難しいようです。

 なお、いわゆる軍用車などについては、海外から買い付けたこともあるそうです。

 そんな劇用車を利用するのは、映像制作会社や法人のイベント主催者などですが、 どのようにして車両を選定するのでしょうか。

「以前は、作品の脚本や絵コンテなどから、劇中の時代背景などを考慮して当社で適切な車両を提案するということもありました。

 しかし、インターネットが普及した現在は、制作側が時代背景や欲しいクルマを調べられるようになったこともあって、場合によっては監督から特定の車種をご指定いただくこともあります」

 インターネットの普及によって、劇用車レンタル業の仕事内容も変わったようです。車種とレンタル日が決まったら、事前予約をしておくことで、使用場所まで配送してくれます。

 料金はクルマによってさまざまですが、パトカー1台に制服1着、タクシー1台に運転手1人などの付随サービスもあるようです。

 レンタルした劇用車を公道で走らせ撮影するには公道の使用許可が必要ですが、最近は公道での撮影規制が厳しくなっており、架空のナンバープレートを装着して公道を走行する許可は取りにくくなったようです。

 これは一般人が撮影と気付かずに、劇用車を本物と勘違いしてしまうといったケースがあったためといわれています。

 公道で架空のナンバーを使用する場合は、実際に存在しない数字であるということの許可を得たうえで、撮影場所に関係者以外が立ち入りができないように封鎖しなければなりません。

 そのため昨今では、塗装が不要な劇用車などについてはレンタカーナンバーのまま撮影することも珍しくなく、覆面パトカーなのにレンタカー区分の「わ」ナンバーといった、不思議な光景も見受けられるようになりました。

※ ※ ※

 また、最近のドラマや映画に使用されるクルマでは、自動車メーカーのエンブレムが加工されているといいます。

 これはドラマや映画の協賛スポンサーが関係している場合が多く、映像のなかで他メーカーのクルマを使用したり、事件や事故のシーンでメーカーのイメージが悪くならないようにといった配慮があるそうです。

 また、昔のようにクルマが爆発するシーンも、規制やコンプライアンスによって見る機会が少なくなってきました。これからの時代は、自主規制の少ない動画配信サービスなどで、爆発する劇用車が登場してくるかも知れません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します