サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > AI活用のタイヤ特性値予測システムを独自開発で開発を効率化…横浜ゴム

ここから本文です

横浜ゴムはAIを活用したタイヤの特性値予測システムを独自開発し、12月よりタイヤ設計にて実用を開始した。

今回のシステムは横浜ゴムが2020年10月に策定したAI利活用構想「HAICoLab(ハイコラボ)」に基づいて開発。人がタイヤの設計パラメーターである構造や形状に関する仕様データ、コンパウンドなどの物性値に関する材料データ、評価条件を入力すると予測されるタイヤ特性値をAIが出力する。

また、本システムではタイヤ設計で起こりがちなAIの予測精度の低下を抑制している。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン