サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > スーパーGT第2戦富士 GT300クラス予選|小高一斗が驚速ラップを決め、6号車86MCが逆転ポールを獲得

ここから本文です

スーパーGT第2戦富士 GT300クラス予選|小高一斗が驚速ラップを決め、6号車86MCが逆転ポールを獲得

スーパーGT第2戦富士 GT300クラス予選|小高一斗が驚速ラップを決め、6号車86MCが逆転ポールを獲得

 富士スピードウェイで行なわれている2020スーパーGT第2戦。GT300クラスは今季から参戦している#6 ADVICS muta 86MCが2戦目で初のポールポジションを獲得した。

 午前中と比べると少し雲がかかった富士スピードウェイ。気温28度、路面温度39度で公式予選セッションが始まった。今回もQ1は2グループ制が導入されたGT300クラス。開幕戦を制した#52 埼玉トヨペットGB GR Supraも出走するA組では、JAF-GT勢が速さをみせた。

■SGT第2戦 GT500予選|ARTA NSX-GTが今季初ポール、ホンダ勢がフロントロウ独占

 まずは#31 TOYOTA GR SPORT PRIUS apr GTの中山友貴が1分37秒446を記録すると、#61 SUBARU BRZ R&D SPORTの井口卓人が1分37秒011を記録しトップに浮上。そのままA組トップ通過を決めた。さらにセッション終盤に開幕戦で3位表彰台を獲得した#5 マッハ車検 GTNET MC86 マッハ号が1分37秒368で2番手に食い込み、A組はJAF-GT、マザーシャシー勢がトップ3を独占する結果となった。さらに60kgのウエイトハンデを背負っている52号車も7番手に入りQ2進出を果たした。

 続いて始まったB組では、午前中の公式練習でトップタイムを記録した#2 シンティアム・アップル・ロータスがQ1からライバルを圧倒。柳田真孝がいち早くタイムアタックを行ない1分36秒675を叩き出し、B組トップ通過を果たした。2番手争いは0.1秒を争う熾烈な戦いとなったが、開幕戦でポールポジションを獲得した#65 LEON PYRAMID AMGの菅波冬悟が1分37秒240を記録し2番手を獲得。#56 リアライズ日産自動車大学校GT-Rの藤波清斗が3番手につけた。その一方で開幕戦で2位表彰台を獲得した#11 GAINER TANAX GT-Rは10番手となりQ1でノックアウトとなった。

 またB組8番手につけた#18 UPGARAGE NSX GT3だがベストタイムを記録した周に走路外走行(四輪脱輪)があったため、当該ラップタイムが抹消。これにより、0.07秒差でQ1脱落となるはずだった#244 たかのこの湯 RC F GT3がQ2にコマを進めることとなった。

 A組とB組の上位8台ずつが揃ったQ2。ここでも2号車がいきなり他を圧倒する速さをみせた。柳田からバトンを受け取った加藤寛規がいち早くタイムアタックを行ない1分36秒634をマークしトップに躍り出たが、これを上回ったのが今季スーパーGTに初めてフル参戦している#6 ADVICS muta MC86の小高一斗。1分36秒270を叩き出し逆転トップに浮上した。さらに同じくGT300ルーキーとなる#55 ARTA NSX GT3の大湯都史樹も途中の区間タイムでは良い走りを見せたが、最後は0.1秒届かず1分36秒378で2番手となった。

 ここでチェッカーフラッグとなり、今季から新規参戦している6号車が2戦目にしてポールポジションを獲得した。2番手には55号車のNSX GT3が続き、3番手には2号車のロータス・エヴォーラが続いた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します