サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 軽四輪車中古車販売、4年ぶりのマイナス---4.7%減の158万4947台 2020年上半期

ここから本文です
全国軽自動車協会連合会は7月22日、2020年上半期(1~6月)の軽四輪車中古車販売台数を発表。コロナ禍の影響もあり、前年同期比4.7%減の158万4947台で4年ぶりのマイナスとなった。

ブランド別では、ダイハツが同4.8%減の51万3265台で4年ぶりのマイナスとなったが、昨年に引き続きトップとなった。2位スズキは同5.1%減の47万9807台で2年ぶりのマイナス。3位ホンダは同2.9%減の23万7422台で2年連続のマイナスとなった。そのほか国産ブランドでは日産とトヨタがプラス、マツダと三菱自動車、スバルがマイナスとなった。

おすすめのニュース

サイトトップへ