サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > メルセデスvsレッドブル、勝敗を決しているのは“リヤタイヤ”? レッドブル代表も問題認識

ここから本文です

 2021年シーズンのF1では王者メルセデスとそれを追うレッドブルの熾烈な戦いが展開されている。だがここまでの4レースではルイス・ハミルトンがマックス・フェルスタッペンを抑えて3勝を挙げ、リードを築いている。

 実施された4レースを振り返ると、予選ではメルセデスとレッドブルが互角の速さを示してきたが、決勝レースではメルセデス勢の方がタイヤマネジメントで優れたパフォーマンスを見せることが多い。

■ペレスの奮起を期待するレッドブル「彼が上位を走っていれば、ハミルトン2回目のピットストップを阻止できたはず」

 メルセデスのトラックサイド・エンジニアであるアンドリュー・ショブリンは、レッドブルと比較した際にレースペースが確実に優れているとは断言しなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン