サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > FCV関連や発電の需要増、水素関連市場は2035年度に4.7兆円と予測

ここから本文です

富士経済は10月19日、国内の水素関連市場の調査結果「2021年版水素利用市場の将来展望」を発表した。

それによると2021年度の水素関連市場は、前年度比4.6%増の183億円を見込む。水素ステーションと燃料電池車(FCV)モビリティが大半を占めている。市場予測では今後、水素発電市場が急拡大するなどして2035年度に4兆7013億円と、2020年度比269倍に成長することを予想する。

このうち、水素燃料市場のFCV向けが2021年度の7億円の見込みが、FCVの増加で2035年度には455億円に成長すると予測する。

おすすめのニュース

サイトトップへ