サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > オースチン・ヒーレー100をレストモッド ケイトン・ヒーレーへ試乗 親密なメカとの関わり

ここから本文です

僅かに手が加えられた美しいボディ

筆者は、オースチン・ヒーレーはクラシック界の英国版マッスルカーだと考えてきた。ボディサイズも、大きいと記憶していた。だが、ケイトンによるレストモッド・モデルを目前にして、想像以上に小柄だったと実感した。

【画像】美しいボディに3.0Lエンジン ケイトン・ヒーレー レストモッドで復活する往年の名車 全136枚

ケイトンというブランドは、英国のエンジニアリング企業、インヴィジジ社が新たに立ち上げたもの。同社が得意とする分野が、ジャガーXKSSやDタイプといった、非常にレアなクラシックカーの復刻版ボディを製造することだ。

それが反映して、今回試乗したクルマも非常に美しい。見事な仕事ぶりといえる。

おすすめのニュース

サイトトップへ