サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いますぐできる! 冬に悪化しがちな燃費を改善する方法とは?

ここから本文です

いますぐできる! 冬に悪化しがちな燃費を改善する方法とは?

■さまざまな要因により冬は燃費が30%も悪化?

 この冬は全国的に雪が少ないといわれていますが、それでも気温は低く、ついついクルマを利用する機会が増える季節でもあります。

ガソリンなんて気にしない! 国産車燃費激悪ランキングワースト3!

 そしてエアコンで車内を暖めるため、その代償として燃費が著しく低下してしまう季節でもあります。寒いのは嫌ですが、燃費は改善したいと思うのは、どんなドライバーも考えるところです。

 そこで今回は、ちょっと気をつけるだけでできる「燃費を改善する方法」を調べました。

 エアコンを使わないということではなく、いかに燃費に影響するムダを省くかに注目してみます。

 まずは、季節によって、どれくらい燃費が悪化するのでしょうか。

 財団法人 省エネルギーセンターが調査した「燃費データの季節変動」によると、エアコンの使用率が低くなる春と秋に比べ、冬は燃費が悪化する傾向がデータで公表されました。とくに、北海道などの寒冷地では、夏と冬では約30%もの差が生まれるほど、燃費が悪化するといいます。

そのおもな原因は、「エンジンが暖まるまでのアイドリング(回転数)の上昇」「エアコンの長時間使用」「渋滞増加によるストップ&ゴーの増加」といわれています。

 とくにクルマが燃料を消費するのは、停止からのスタート、坂道を上るとき、前のクルマの追い越し、過度に高い速度での走行です。

 また冬で気温が下がると空気密度が上がり、適正な燃焼効率を維持しようとする車載コンピュータが、余計に燃料を噴射させてエンジン内の空気を燃やそうとすることで、燃費が悪化するとも言われています。

※ ※ ※

 スタッドレスタイヤは、寒さによって低下する路面とのグリップ力を補うために、サマータイヤと比較して柔らかい特性があります。

 基本的にグリップ力と転がり抵抗係数はトレードオフの関係なので、サマータイヤよりもスタッドレスタイヤを装着する冬期間に燃費が悪くなってしまうのは、ある程度は仕方がない側面もあります。

 通常のサマータイヤでも、気温が低いとタイヤの空気圧が低くなりがちなので、指定空気圧より少しだけ高めにしておくことで、多少の燃費改善につなげることができます。

■いますぐできる燃費改善法のアレコレ

 燃費悪化の原因に対処するために、自分でできる燃費を改善する方法とはどのようなものなのでしょうか。本当に細かいことの積み重ねですが、トータルではけっこう大きな違いを生み出すことができそうです。

●無駄なアイドリングを減らす

 クルマの普段使いにおいて、いちばん負荷がかかるのはエンジンスタートともいわれています。車載コンピュータが冷え切ったエンジンを暖めるために、アイドリングの回転数を自動で少し高くする機能もあり、通常のアイドリングより燃費は悪化します。

 寒い車内が暖まるのを待ちたい気持ちもわかりますが、まずはスパッとエンジンスタートしてすぐに走り出すように心がけてみるだけでも、燃費が変わってくるそうです。

●急なアクセル操作をやめて、渋滞を避けたルートを選択

 当然ながらアクセルを踏み込むほどに燃料を消費するため、とくに停車時からのスタートではアクセルを踏みがちになるものです。また渋滞のなかでのトロトロ運転では、燃費も悪化してしまいます。

 多少遠回りでも空いている道を選ぶか、渋滞する時間を避けるだけでも、燃費を向上させることができます。高速道路の場合は、できるだけ一定の速度で巡航することで、かなりの燃費向上が見込めるといわれています。

●エアコンの「A/C」ボタンをオフにする

 クルマのエアコンは、ちょっと複雑な作業をしています。カーエアコンの機能はじつは「冷やす」と「除湿する」のみなのです。

 オートエアコンで温度設定すると、一度低い温度まで冷やした空気をエンジン熱で適温に温めてから出しています。しかも乾燥しがちな冬は、そう考えると「除湿」させるコンプレッサーを動かす必要がないのです。

 ですので、雨や雪が降ったり、多人数乗車時に湿度が高くなって窓が曇らない限りは、「A/C」ボタンをオフにしてコンプレッサーを作動させず、エンジン熱のみを利用した「ヒーター」状態にすることで、エアコンで消費していた電力を抑え、結果として燃費向上が目指せます。

※ ※ ※

 もうひとつ、忘れがちなのが服装です。服装を気にせず運転できるのが「走る個室」であるクルマの利点ではありますが、「アイドリングを控えめに、すぐに出発」などといいながら、冷え切った車内でブルブル震えながらの運転はさすがに厳しいものがあります。

 そこで、保温系インナーなどや、そのままでも運転に支障が出ない薄手のダウンジャケットなどを着用するのがおすすめです。

 また暖まった車内から車外に出るときの寒暖差は、心臓にも負担がかかるものです。できるだけ車内でも暖かい格好でいることで、エアコンの使用量も違ってきます。

 とくに忘れがちなのが、手です。冷え切ったハンドルは想像以上に冷たいもの。そこでおすすめなのがグローブの着用です。
 
 ドライビンググローブ、とまでは言わないものの、滑り止めを施した薄手の手袋や軍手などを着用しておけば、冷たく感じることも減少するはずです。またグローブ着用であれば保湿効果も期待でき、静電気の手軽な防止策にもなります。

 ほかにも、古い輸入車オーナーのあるあるとして、エンジンをストップさせる前にエアコンとオーディオのスイッチなど電装系をオフにしておくというのもあります。いちばん電力を使用する次回のエンジンスタートで、少しでも電装系への負荷を減らす策なのですが、現在の国産車でも十分に効果が期待できます。このような細かい努力を積み重ねることで、約20%も燃費が向上したケースもあります。

 ただし、くれぐれもちょっとだけ我慢できる範疇で留めておいてください。寒いのを無理して運転していて、風邪など引いては意味がなくなります。適度に工夫して適度にクルマをいたわりながら、愛車と冬のドライブを楽しんでください。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します