現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 【最後の5気筒モデル?】新型アウディRS3 公式プレビュー初公開 非電動パフォーマンスカー

ここから本文です

【最後の5気筒モデル?】新型アウディRS3 公式プレビュー初公開 非電動パフォーマンスカー

掲載 更新 6
【最後の5気筒モデル?】新型アウディRS3 公式プレビュー初公開 非電動パフォーマンスカー

コンパクトな高性能セダン&ハッチバック

text:Felix Page(フェリックス・ペイジ)

【画像】ドイツ御三家の小型高性能モデル【RS3とライバルを徹底比較】 全114枚

translator:Takuya Hayashi(林 汰久也)

アウディは、次期RS3のハッチバックとセダンの公式プレビュー画像を初公開し、デビューにが近いことを示唆した。

カモフラージュされたRS3は、1-2-4-5-3の文字が刻まれたラッピングを身にまといながらも、市販仕様の姿を見せている。

パワートレインは、RS Q3やTT RS クーペと同じターボチャージャー付き5気筒ユニットを搭載予定。このエンジンは、最高出力400psで全輪を駆動し、約4.0秒で0-100km/h加速を達成する。

これにより、同セグメントでは、現在生産されている中で最もパワフルな4気筒エンジン(422ps)を搭載しているメルセデスAMG A45 Sに次ぐ存在となる。

昨年発表されたS3からの外観上の変更点は、よりアグレッシブなインテーク、専用アロイホイール、リアディフューザー、スポイラーなど。その他、高出力化に伴うブレーキの大型化やタイヤの幅の拡大などに加えて、インテリアの変更が予想される。

数年以内に8割が電動化

画像は、アウディ・スポーツのマネージング・ディレクターに就任したセバスチャン・グラムスの公式インタビューとともに公開されたものだ。彼は就任後3か月を振り返り、今後の展開を示唆している。

「わたし達の使命は、可能性の限界を押し広げることです。それがアウディ・スポーツのすべてです。そして、これが今後も続いていくことを確信しています」

その後、同氏は、アウディ・スポーツ部門の電動化プロセスの一環として、プラグイン・ハイブリッド・モデルや新しい完全EVモデルの登場を明らかにした。

また、アウディ・スポーツのセールス&マーケティング責任者であるロルフ・ミヒルは、次のように述べている。

「早ければ2024年には、高性能モデルの半分以上が部分的または完全に電動化された形で提供されると予想しています。そして、2026年には、その割合は80%に達するでしょう。わたし達は、特定の市場やセグメントに適した製品やサービスを提供したいと考えています」

ミヒルによると、アウディ・スポーツは特に高性能な電動SUVに関心を寄せており、2030年までに同部門の全モデルはプラグイン・ハイブリッドまたは完全EVになるとのことだ。

そのため、RS3はアウディ最後の非電動化モデルとなり、1976年に発売されたアウディ100以来、さまざまな形で採用されてきた直列5気筒エンジンの最後の出番となる可能性がある。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
スズキ新型「クルーズ」発表に反響多数! MT設定&精悍エアロ仕様に熱望の声! 全長4.3m級の“コンパクトミニバン”「エルティガH」尼で登場
くるまのニュース
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
ブリクストン「フェルスベルク 125XC」【1分で読める 原付二種解説 2024年現行モデル】
webオートバイ
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
ツートンカラーで個性が光るトヨタ タウンエースがベースのキャンパー
月刊自家用車WEB
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
100万円引きにもなる[クラウンスポーツ]!? 内装の質感が大幅進化に乗り心地がとにかくイイのよ!
ベストカーWeb
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
FP3はポルシェがトップ3独占。アルピーヌ、BMW、ランボルギーニのLMDh勢が上位に並ぶ/WEC第5戦
AUTOSPORT web
チャリを邪魔してるんじゃないのマジで!! じつはドライバーの義務! 自転車に乗る人に知ってほしい左折時のクルマの左寄せ
チャリを邪魔してるんじゃないのマジで!! じつはドライバーの義務! 自転車に乗る人に知ってほしい左折時のクルマの左寄せ
ベストカーWeb
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
パワーと燃費を両立する[RAV4]!! 人気[国産SUV]との比較も圧倒するワケ
ベストカーWeb
ポルシェ911 詳細データテスト MT+NAの快感 公道志向の足回り 遮音性はやや改善の余地あり
ポルシェ911 詳細データテスト MT+NAの快感 公道志向の足回り 遮音性はやや改善の余地あり
AUTOCAR JAPAN
弾丸ヨーロッパ博物館ツアー!「天国」はトヨタ「2000GT」と70年代フェラーリF1…「地獄」は以前と代わり映えしない展示、その落差も旅の醍醐味!
弾丸ヨーロッパ博物館ツアー!「天国」はトヨタ「2000GT」と70年代フェラーリF1…「地獄」は以前と代わり映えしない展示、その落差も旅の醍醐味!
Auto Messe Web
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
フォルクスワーゲンらしい「バランス」の高さが◎ ID.7 ベスト・サルーン賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
EVの「ゲームチェンジャー」 ヒョンデ・アイオニック5 N ベスト・パフォーマンス賞 AUTOCARアワード2024
AUTOCAR JAPAN
山本尚貴が母校の作新学院へ3度目の訪問。整備士を目指す高校生への特別授業でレース業界への思いを語る
山本尚貴が母校の作新学院へ3度目の訪問。整備士を目指す高校生への特別授業でレース業界への思いを語る
AUTOSPORT web
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 後編 激化するEV競争、堅調な日本勢
AUTOCAR JAPAN
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
2023年 世界の車種別販売台数ランキング トップ30 前編 成長と急落、BYDの台頭
AUTOCAR JAPAN
サーキット走行だけで4.5万キロも走破! アラフィフ男性がバイクから乗り換えて楽しんでいるトヨタ「86」のライトチューンメニューとは
サーキット走行だけで4.5万キロも走破! アラフィフ男性がバイクから乗り換えて楽しんでいるトヨタ「86」のライトチューンメニューとは
Auto Messe Web
1980年代の「ミニ・クーパー」 シトロエン・ビザ・トロフィー(2) クサラ WRCやC4 WRCの祖先
1980年代の「ミニ・クーパー」 シトロエン・ビザ・トロフィー(2) クサラ WRCやC4 WRCの祖先
AUTOCAR JAPAN
あまり「速くない」グループBマシン シトロエン・ビザ・トロフィー(1) NAの1219cc 4気筒は104ps
あまり「速くない」グループBマシン シトロエン・ビザ・トロフィー(1) NAの1219cc 4気筒は104ps
AUTOCAR JAPAN
米ミズーリ州保安官 “UFO”を呼び止める怪現象に遭遇「この世のものとは思えませんでした」
米ミズーリ州保安官 “UFO”を呼び止める怪現象に遭遇「この世のものとは思えませんでした」
乗りものニュース

みんなのコメント

6件
  • AWDでトラクションが良い筈なのに、0→100kmが4秒って遅くないかぁ?
  • 貧乏人が憧れるメーカーなのはわかるけどまあこの手の実力の無いメーカーが何をしてもね。
    中身ワーゲンなんだから。しかもワーゲングループの下から二番目のポジションだよ?

    ブランド的にもドイツ御三家というポジションに未だに認められてないし。
    中身を知れば知るほど小型車だけ買っといた方がいいよってメーカーですよ。ハッキリ言って。

    実際Dセグ以上はポルシェ、メルセデスとBMWの独擅場だしアウディユーザーってのは車体の価格的にも
    最下層のユーザーになるよね。

※コメントは個人の見解であり、記事提供社と関係はありません。

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

398.0969.8万円

中古車を検索
RS3(セダン)の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

847.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

398.0969.8万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村