サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > バス乗降道路施設のバリアフリー基準適合を義務付け…あり方検討会の報告書

ここから本文です

国土交通省は1月20日、「バリアフリー法及び関連施策のあり方に関する検討会2020報告書」を公表した。

報告書は、バリアフリー法と関連施策のスパイラルアップについての今後の対応策についてまとめたもの。今後、報告書でとりまとめられた対策に沿って具体の政策立案を実行し、バリアフリー施策のスパイラルアップを図る。

報告書によるとバリアフリー法を改正しソフト対策の取り組みを強化することや、公共交通事業者に対するソフト基準を創設し、適合を義務付ける。交通結節点について、他の公共交通事業者や、行政などの関係者と連携・協力して取り組むことを努力義務とする。

おすすめのニュース

サイトトップへ