サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「フェラーリやランボすらも撃墜できる1000馬力超のクロカン4WD!」HKSが日産パトロールを超改造!

ここから本文です

「フェラーリやランボすらも撃墜できる1000馬力超のクロカン4WD!」HKSが日産パトロールを超改造!

最高出力は1014ps&141.8kgmに到達!

エンジンから駆動系にいたるまでワンオフパーツのオンパレード!

「日産工機の莫大なデータとノウハウを活かしたチューンドBNR34」第二世代GT-Rの名医レイマックスによる快作!

5mオーバーの全長と1.9m超の全幅を持つ堂々としたボディに、4.8L直6DOHCのTB48DE型エンジンを搭載する5代目の日産パトロール。ノーマルのスペックは245ps/40.8kgm。ミッションは、国内仕様では5速ATのみの設定だったが、海外仕様では5速MTも用意されていた。

その海外仕様を魔改造したのがHKS。ドバイのセレブからの依頼で「どんなクルマにも負けないくらいパワーを出してほしい!」とオーダーしてきたのだ。ところが、HKSに専用パーツなど皆無。そのため、エンジンパーツや駆動系まで全てをイチから製作する大作業になったという。

注目は、言うまでもなくエンジンチューンだ。大幅なパワー&トルクアップを見越して、ワンオフ製作の鍛造ピストンやH断面コンロッド、SNCM材を使ったフルカウンタークランク等で、まず腰下を強化。一方、ヘッドまわりではIN/EXとも264度の作用角を持つワンオフカムが組まれている。サージタンクはカーボン製、またラジエターやインタークーラーなどもワンオフ品で容量アップが図られ、バンパー両サイドには15段オイルクーラーがそれぞれセットされる。

これに、ワンオフEXマニを介してギャレット製GT4508Rタービンをドッキング。エンジンマネージメントはF-CON Vプロが担当し、最大ブースト圧は1.87キロに設定。導き出される最高出力は1014ps/5500rpm&141.8kgm/4000rpm! 確かに車重は2.5トンに迫る勢いだが、パワーウエイトレシオは2kg/ps台という凄まじさだ。


マフラーももちろんワンオフ。排気量が大きく、もともと高回転まで回す必要のないエンジンのため、エキゾーストノートは思いのほか静かだ。


駆動系も見直しが図られている。クラッチは、フライホイールまで含めてワンオフ製作されたメタルのトリプルプレートを装着。ミッション本体も3/4速を強化。いずれもワンオフパーツで対応していることは言うまでもない。

ミッションのインプットシャフトとカウンターシャフトもワンオフ製作。どちらもノーマルに対してシャフト径を太く設計し、ギヤの肉厚も増すことで、トルクに対する耐久性を高めている。

右リヤオーバーハングにはミッションオイルクーラーをセット。また、サスペンションにはハイパーマックスベースの試作車高調が装着される。「RV系のアシは初めてだったのですが、オーナーが“真っ直ぐなところしか走らない”とのことなので減衰力、バネレートともにノーマルの数%アップに抑えてます」とのこと。

外装は至ってノーマル。特にリヤまわりには、1000psオーバーであることを感じさせるモノは何もない。だが、中身はHKSレーシングが本気で作り上げたチューニングカーだ。4000rpmまではかなりダルなフィーリングだが、そこから上のパワーバンドでは鬼のような加速を発揮する。国内テストを担当した谷口信輝選手いわく普通のチューニングカーで例えると「高回転高出力型の500ps仕様」とのこと。

「とくに強化しなくてもOK」というオーナーのリクエストによって、ブレーキはパッドのみエンドレス製に交換。ところが、予想どおり車重とパワーに対して完全に容量が不足していて、国内テストでは走行後はローターが真っ赤になるほどだった。

こうして完成したHKS渾身の超絶モンスターマシン。ここまでくると、ドバイの公道で乗り回すオーナーもまたモンスター級と言わざるを得ない。

●取材協力:エッチ・ケー・エス 静岡県富士宮市北山7181 TEL:0544-29-1235

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します