サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【MotoGP】アレイシ・エスパルガロ、アプリリア今期型の“限界”にブチ当たる。「ポジティブになるのも難しい」

ここから本文です

 2020年のMotoGPはKTMが躍進する一方、同時期に参戦を開始したアプリリアは苦戦するレースが続いている。


 先日行なわれたMotoGP第11戦アラゴンGPでは、アレイシ・エスパルガロが13位でフィニッシュ。モーターランド・アラゴンは彼が2017年にアプリリアへ加入以来、トップ7フィニッシュを続けてきた相性のいいサーキットだったが、今年もトップ10入りとはならなかった。

■恐怖のスズキ勢の速さ! リンスに追い抜かれた瞬間、レースの行方悟ったモルビデリ!

 またアプリリアは今季、優勝ライダーから10秒以内のギャップでフィニッシュできたことが、1度しか無い。それも赤旗中断によって全12周となったスティリアGPのみなのだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ