サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ヤマト運輸:日本初、宅配に特化した小型商用EVトラックを導入

ここから本文です

ヤマトホールディングス傘下のヤマト運輸は、宅配に特化した日本初の小型商用EVトラックをドイツポストDHLグループ傘下のストリートスクーター(STS)と共同開発し、2020年1月から首都圏に順次500台を導入する。

1. EVトラック導入の目的について

東レ:世界初の連続する空隙構造を持った多孔質炭素繊維を創出~サステナブル社会に不可欠な高性能ガス分離膜の性能向上に貢献~

 ヤマト運輸は、宅配に特化した小型商用EVトラックを日本で初めて開発し、首都圏に順次500台を導入することで、CO2の削減や住宅街での騒音低減といった環境面での取り組みをさらに強化する。

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン