サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 「F1マシンはドライバーを驚かせ、怖がらせるようなものであるべき」と元F1ドライバー

ここから本文です
 元F1ドライバーのカルン・チャンドックは、現代のF1マシンは昔とは異なり、ドライバーを“驚かせたり怖がらせる”ようなことがないとして、F1はそういう要素を取り戻すべきであると主張した。

 かつてロータスとHRTのドライバーを務め、現在は『Sky Sport F1』のテクニカルエキスパートを務めているチャンドックは、『Sky Sport』の企画で2019年のチャンピオンシップを制したメルセデスW10で走行した体験を振り返り、W10は「自分がこれまで経験したなかでも完璧に近いマシン」だったと語った。だが、彼はそこには問題もあると感じている。

おすすめのニュース

サイトトップへ