サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ル・マンを制した4ローター&可変吸気! 後世に語り継ぎたい「エンジンの歴史」

ここから本文です

驚きが詰まった内燃機関エンジン 知らないままではもったいない

 カーボンニュートラルだ、電動化だ、と喧しい日々が続いていますが、19世紀末に誕生し、120年以上も進化を続けてきた内燃機関にもまだまだ頑張ってもらいたいと思う今日この頃です。というワケで今回は、これまでの歴史を振り返りつつ、技術遺産として後世に語り継ぎたい、エンジン(内燃機関)を紹介していきます。

スバリストが心酔する水平対向はココから始まった! スバル1000の偉大すぎる存在

抜け出たダイムラーのガソリンエンジン

 そもそもの始まりは、1883年にゴットリープ・ダイムラーがキャブレターを組み付けた4サイクルのガソリンエンジンを発明して特許を取ったことでした。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン