サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【高価なのになぜ? 】廉価なクルマの定番だった鉄チンホイールが減ってアルミが増えているワケ

ここから本文です

【高価なのになぜ? 】廉価なクルマの定番だった鉄チンホイールが減ってアルミが増えているワケ

 アルミホイールを装着するクルマは格段に増えている

 その昔は、アルミホイールというのは高嶺の花で、カタログを見ても標準で装着されているのは上位モデルだけ。中級グレード以下はもちろんスチールホイールにキャップが当たり前で、ユーザーとしても仕方がないと思っていた。

いまや20インチも当たり前! 自動車メーカーが進める大径偏平タイヤ化のメリットとは

 それが今では車種やジャンルにもよるが、アルミホイールを装着するグレードが大半を占めている。しかもデザインもよくて、純正だけに全体のデザインにもベストフィットだ。

 アルミホイールのイメージのひとつに価格が高いというのがあるが、なぜいま普及が進んでいるのだろうか?

 見た目だけでなく省燃費や乗り心地に貢献

 各メーカーの責任者や開発担当者、デザイナーに聞くと、結局は「商品力の向上」というのが一番の理由だ。デザインなどにおいて質が求められる時代だけに、造形に限界のあるホイールキャップでは今やユーザーは満足できないということだろう。

 また、性能面での採用というのもあって、軽量ゆえに省燃費に貢献できるし、乗り心地もよくなるというのはアルミホイールのメリットだ。さらに今後は空力面での貢献も期待されるが、これもスチールとキャップの組み合わせでは限界がある。

 価格については、以前よりも安くはなっているのは事実。クルマというのは大量生産を前提とした工業製品だけに、ここまでアルミホイールが普及すれば価格が安くなるのは当然のこと。ただ、原材料費という点では欧米に比べて日本はアルミの価格が高いこともあり、安くなったとはいえ、単純に価格を比較するとまだスチールホイールのほうが安いようだ。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します