サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > エントリーレベルの本格派、「BMW M2 CSレーシング」が北米デビュー!

ここから本文です

エントリーレベルの本格派、「BMW M2 CSレーシング」が北米デビュー!

3L直列ターボは365hpにアップ。最大トルクは550Nmを実現

1月31日、BMWはBMW Mカスタマーレーシングモデルの最新作である「BMW M2 CSレーシング」の開発が最終段階を迎えていることを報ずるとともに、先週末に米国で開催されたデイトナ24時間レースで初公開した。

“MBA”の話題のコンセプトカーを振り返る、市販化が期待されるも輝いて消えたクルマたち

このM2 CSレーシングは、近年プライベートチームに提供されてきた「M235iレーシング」や「M240iレーシング」に続くモデルとして生み出されたマシンとなる。ちなみに今回のデイトナ24時間レースでは「M8 GTE」や「M6 GT3」、「M4 GT4」が参戦した。

この新しいレーシングマシンには、モータースポーツのエントリーレベルに最適なセットアップが採用されている。「S55」型の3L直列6気筒ターボエンジンは、モータースポーツ用にセットアップされたコンピュータを搭載。最高出力はベースモデルの280hpから365hpに引き上げられている。最大トルクは550Nmを誇る。トランスミッションは7速DCTだ。

エンジンマネージメントもこのモデルのハイライトのひとつで、M4 GT4と同様に、将来的にはパワースティックで制御し、参戦するレースで定められているレギュレーションに合わせてパフォーマンスレベルを設定できるようになっている。

M2 CSレーシングはスタンダード仕様と並行して、450hp仕様のアップグレード版も開発が進められている。北米で急速に人気を高めているクラブレーシングセグメントにとって、こちらも興味深い選択肢になるだろう。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します