サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【日本人F1ドライバーの系譜】美しきF1マシン:「日本人が”夢”を見た、白い流星」ティレル022

ここから本文です

 2020年、FIA F2参戦初年度ながら、ランキング3位でシーズンを終えた角田裕毅。その活躍により、彼は2021年のアルファタウリ・ホンダのシートを手にし、F1デビューを果たすことになった。彼の活躍には、大きな期待が集まっている。

 しかしこれまでの日本人F1ドライバーたちも、日本のF1ファンを興奮させ、魅了してきた。彼ら歴代の日本人F1ドライバーに関する記事をピックアップ。ここに再度掲載する……。

【ランキング】ニッポンのファンが選ぶ”美しい”F1マシンベスト10

*********************

 F1マシンは美しい。その中でもひときわ美しいマシンというモノがある。

おすすめのニュース

サイトトップへ