サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ハースF1、モナコで改良版パワーユニットを投入。「悪い方向には行かないが、パワーやエネルギー管理は未知」

ここから本文です
 ハースF1チームは今週末の第6戦モナコGPで、ロマン・グロージャンとケビン・マグヌッセンの両方のマシンに、フェラーリのアップデート版パワーユニットを搭載する予定だ。

 フェラーリは優位にあるメルセデスとの差を縮めるため、スペインGPでシーズン最初のエンジンアップグレードを導入した。当初、アップデートはカナダGPに向けて計画されていたが、導入が急に早められたことで、フェラーリのカスタマーチームはスペインGPでスペック2エンジンを搭載できなかった。

おすすめのニュース

サイトトップへ