サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > もしかしてMAZDA 3のご先祖様!?時代を先行し過ぎた秀作 マツダ ランティス【MOTA写真館】

ここから本文です

もしかしてMAZDA 3のご先祖様!?時代を先行し過ぎた秀作 マツダ ランティス【MOTA写真館】

1993年に登場したマツダ ランティスは、丸みを帯びたスタイルと長いホイールベースによって、スポーティーかつエレガントなスタイルを実現した、コンパクトサイズの4ドアクーペ。今ではなかなか見ることも少なくなった、コンパクト・エレガント・スポーティーの3要素を兼ね備えた4ドアクーペ マツダ ランティスを詳しく見ていこう。

コンパクト4ドアクーペの先駆け

マツダの展示は今年も充実!マニアも唸る“アノ車”を持ってきた!【オートモビルカウンシル 2018】

マツダ ランティスは、リアハッチが設けられた4ドアクーペ(一般的には5ドアハッチバック)とセダンをラインナップし1993年に登場。特に4ドアクーペは、角がない丸みを帯びた造形と緩やかに傾斜するルーフラインによって、クーペの名にふさわしいスタイルとなっている。

タイヤを四隅に配置し、2,605mmという長いホイールベースをとることで、ゆとりある室内空間を確保できることに加え、スポーティーなルックスと走行安定性を手に入れることに成功。また、1996年新衝突安全基準に初めて適合させた車種でもある。

流れるよなクーペルックのボディライン、そして先進技術を積極的に取り入れる設計思想は、現代のMAZDA 3へと繋がると言えるかもしれない。

クラスを超える贅沢な2リッターV6エンジン

ランティスは見た目だけでなく、走りもスポーティーで、搭載されるエンジンは、直列4気筒 1800ccとV型6気筒 2000ccの2種類。中でも、2リッターV6エンジンは、バランサーシャフトや中空カムシャフトなど、このクラスでは考えられないほど凝った設計で、最高出力170ps/7,000rpm、最大トルク18.3kgf/5,500rpmを発生する。0-400m加速は16.0秒を叩き出し、当時の2リッターNAエンジンではゼロヨン加速最速。

他に類を見ないデザインと、小排気量のV型エンジンという強い個性を持ち、高い安全性と鋭い加速性能を持つマツダ ランティスは、1997年まで製造販売され、1代限りで姿を消すことになる。

スペックや価格

■全長×全幅×全高:4,245mm×1,695mm×1,355mm

■エンジン

・v型6気筒 1,995cc DOHC

・直列4気筒 1,839cc DOHC

■トランスミッション:4速AT/5速MT

■駆動方式:前輪駆動

■ボディタイプ:4ドアクーペ(5ドアハッチバック)、4ドアセダン

■価格:147万円~216万3000円

※ボディサイズは4ドアクーペ数値

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します