サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > セバスチャン・ベッテル、フェラーリ最終年で大苦戦も心は“平穏”?「周りの評判は気にしない」

ここから本文です
 6年間所属したフェラーリを2020年シーズン限りで離れ、今季からはアストンマーチンの一員としてF1を戦うセバスチャン・ベッテル。彼は昨年、自身のドライビングスタイルに合わないマシンに苦戦してしまい、予選ではチームメイトのシャルル・ルクレールに対して4勝13敗、獲得ポイントはルクレールの98ポイントに対して33ポイントと、大敗を喫してしまった。

 彼はアストンマーチンの2021年マシンAMR21の発表会の中で、昨年の自身のパフォーマンスにどれだけ納得がいっていなかったかを率直に語る一方で、フェラーリでの最後のシーズンも精神的に安らかな状態にあったと話した。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ