サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 電車、バス、観光施設の利用・決済を非接触で効率的に、高野山で実証実験

ここから本文です
国内外から多くの観光客が訪れる高野山とその周辺地域で10月1日から、周遊性向上のための実証実験が行われる。電車やバス、観光施設などのチケットの予約・決済・発行・利用がスマートフォンで可能となる「キーパス高野山」と、「Visaのタッチ決済」の導入を試行する。

「キーパス高野山」は、高野山紀伊半島外国人観光客受入推進協議会・デジタル対応推進部会が実施。チケットのデジタル化によってキャッシュレス対応・チケット販売窓口での接触の最小限化を図り、インバウンド回復後を見据え、ウィズコロナ時代に対応した観光周遊モデルの構築を目指す。

おすすめのニュース

サイトトップへ