サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > なぜ販売7年目も好調? トヨタ「ヴォクシー」がミニバン3兄弟で一番売れる訳

ここから本文です

なぜ販売7年目も好調? トヨタ「ヴォクシー」がミニバン3兄弟で一番売れる訳

■ヴォクシー人気にはどのような秘密があるのでしょうか

 トヨタのミニバン「ヴォクシー」の現行(3代目)の販売開始は、7年前となる2014年1月です。
 
 通常なら既にモデル末期時期で、あまり販売台数も見込めないですが、2020年の登録車販売台数データでは10位となっています。ビッグマイナーチェンジをしていないのに、なぜ現在でも人気なのしょうか。

トヨタ新型ミニバン「イノーバ」刷新! 2021年モデルはデザインをスポーティに!

 ヴォクシーの兄弟車として、トヨタは「ノア」と「エスクァイア」をラインナップ。2020年4月末までは、ノアがカローラ店、ヴォクシーがネッツ店、エスクァイアはトヨタ店・トヨペット店それぞれで専売されていました。

 しかし、2020年5月以降は全販売店で併売化が開始され、現在では3モデルが混在する形で販売。なお、同年4月30日にはヴォクシーとエスクァイアのグレードが整理されるなど、併売化を見越した動きがおこなわれています。

 そうした販売面の変化があったなかで、現行ヴォクシーは併売前後も変わらずに、ノア/エスクァイアよりも販売台数では上位にランクイン。

 2020年の登録車販売台数ランキングでは、10位ヴォクシー(6万9517台)、16位ノア(4万5434台)、28位エスクァイア(2万6368台)とそれぞれ差が付いています。

 この3兄弟は、基本的な装備やメカニズムは変わらないのに、どうしてこのような差ができるのでしょうか。

 その要因として、ヴォクシーがもっとも「明確な個性があるから」だといえます。

 元々ヴォクシーはノアから派生したモデルで、プレーンでシンプルな印象を持つノアに対してヴォクシーはワイルドさや力強さといった特徴を持っています。

 そのため、ヴォクシーはノアよりもスポーティでファッショナブルな若年層ファミリー向けという印象を受けます。

 また、3代目ノア/ヴォクシーからラインナップに加わったエスクァイアは、ノア/ヴォクシーと比べてより高級感を演出する方向性のモデルとなり、若干高い価格設定です。

 もともとトヨタ・トヨペット店で販売されていたこともあり、高級志向のユーザーをターゲットとしたエスクァイアですが、全車併売化されたいまでは、価格設定が高いことから少し厳しい戦況といえます。

 また、高級なミニバンが欲しいのであれば、ひとつ上のクラスとして「アルファード」や「ヴェルファイア」を狙うという声もあるのでしょう。

 他メーカーを見てもワイルドさを売りにしているモデルは、このクラスでは日産「セレナ ハイウェイスター」くらいでほかにはいません。このような唯一無二となる個性もヴォクシー人気の理由といえそうです。

■次期型ヴォクシーに期待することは?

 長年にわたり高い人気を誇るヴォクシーですが、決して完璧といえる訳ではありません。

 販売から7年が経過しているため、古さを否めないポイントも存在します。ここからは次期ヴォクシーに期待するスペックや装備について考えていきます。

 現在のヴォクシーに求める改善点を端的にまとめるならば、運転支援システムの充実と燃費性能の向上です。

 複数の改良をおこない充実させてきた運転支援システムですが、現行モデルながら全車速追従クルーズコントロールが装備されていないのは、ライバルに遅れを取っているといわざるを得ません。

 またそれとセットで高速道路走行時のステアリングアシストも欲しいところです。このふたつがあれば長距離運転での疲労もかなり少なくなるので、家族での移動時のドライバーの負担も大きく減ることになります。

 このようなバージョンアップができれば、ライバルと比べても引けを取らない魅力的なモデルへと進化するでしょう。

 そして、欲をいうのならばトヨタ「ヤリス」などに設定されている高度駐車支援システムアドバンストパークが欲しいところです。

 現在ヴォクシーのガソリン車にはインテリジェントパーキングアシストが設定されていますが、より進化したアドバンストパークならば簡単に駐車することが可能です。

 運転に自信のない人が運転することも多いこの手のファミリーカーではあったら嬉しい装備といえます。

 まだこの手のシステムを設定している同クラスのミニバンは少ないので、差をつけるポイントとなるでしょう。

 販売から7年も経過しているのにも関わらず、販売台数ランキングトップ10に食い込むモデルはそうそう存在しません。

 現行ヴォクシーがそれを実現できたのはユーザーの声をくみ取る細かな改良とグレード展開の見直しがあるからといえます。

 メーカーのたゆまぬ努力でライバルと戦う商品力を確保していますが、そろそろフルモデルチェンジが望まれるところです。

 フルモデルチェンジがあった際に、今度のヴォクシーはどんな風にファミリーカーとして魅力的に仕上がってくるのか、期待せずにはいられません。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します