サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > ジープにV8復活、470馬力の ラングラー を一般公開…アトランタモーターショー2021に出展へ

ここから本文です
ステランティス傘下のジープブランドは4月8日、『ラングラー・ルビコン392』(Jeep Wrangler Rubicon 392)を、米国で4月14日に開幕するアトランタモーターショー2021に出展すると発表した。ラングラー・ルビコン392の実車が、モーターショーで初めて一般向けに公開される。

ラングラー・ルビコン392は、ジープブランドにとって、およそ40年ぶりのV型8気筒エンジン搭載車だ。ラングラーの歴史をたどると、市販モデルでV8エンジンを搭載していたのは、1981年のジープ『CJ』が最後だった。

おすすめのニュース

サイトトップへ