サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > コロナ禍で購入意欲急上昇! ペーパードライバーにお薦めのクルマ10選

ここから本文です

コロナ禍で購入意欲急上昇! ペーパードライバーにお薦めのクルマ10選

 新型コロナウイルスの感染拡大によって「公共交通機関よりもマイカーを使うほうが感染防止の意味で安心」と、クルマを持たない人たちにマイカーが見直されているという。

 そこで、初心者やペーパードライバーにオススメのクルマを紹介していきたいと思う。

圧倒的人気が影響!? 魅力の未使用中古車多数! N-BOXはこれからが狙い時!!

 今回は、クルマを持ちたくなった若者、子供の送り迎えに欲しいというママ、子供ができたばかりのファミリー、コロナ禍でクルマの必要性を実感したシニア層、という4つのケースにわけて、モータージャーナリストの渡辺陽一郎氏にオススメ車を選んでもらった。

文/渡辺陽一郎
写真/ベストカー編集部 ベストカーWeb編集部
初出/ベストカー2020年7月10日号

【画像ギャラリー】タイプ別ペーパードライバーにオススメの10車種を写真でチェック!

初心者やペーパードライバーに向いているクルマとは?

運転する時の視界は、左右とともに前方もチェック。視界がよくて運転しやすいクルマはオススメだ

 深刻な被害をもたらしたコロナ禍は、クルマに対する意識にも影響を与えた。トヨタの広告会社であるデルフィスが実施した調査によると、コロナ禍において、「クルマがあれば必要な移動を安全に行える」と答えた人が80%に達した。

 また、購入意識調査でも、「クルマを買う予定はなかったが、買いたくなった」という人が18%であった。

 「買う予定はあったが、中止・延期した」という人の11%を上まわる。コロナ禍の影響で販売台数は落ち込んでいるのだが、購入意識としてはクルマの需要はプラスに転じている面がある。

 そこでコロナ禍をきっかけに、クルマの必要性を感じた初心者や普段運転をしていないペーパードライバーに適した選び方を考えたい。

 初心者やペーパードライバーは、概してクルマの運転に不慣れだから、運転しやすい車種を推奨する。

 なるべく全長が4400mm以下、全幅は1700mm以内に収まる5ナンバー車を選びたい。最小回転半径も5.2m以内なら、混雑した街中や狭い駐車場でも運転しやすい。

 視界も大切だ。今はサイドウィンドウの下端を後ろに向けて持ち上げたクルマが多く、そういうクルマは外観がカッコよく見える代わりに、斜め後方や真後ろの視界が悪いので注意。

 購入前には販売店の試乗車を使って狭い裏道を通ったり、車庫入れや縦列駐車を試すと、運転のしやすさを総合的に判断できる。

 これらのコンパクトな車種は、全般的に価格が求めやすく、税金も安く、燃費は優れている。従って出費を抑えられるメリットもある。

コロナ禍でクルマが欲しくなったビギナー向けに4つのケース別オススメ車

 コロナ禍でクルマの必要性を感じた初心者やペーパードライバーに向けて、推奨できる車種を4つのニーズに分けて考えた。全車に共通するのは、コンパクトな軽自動車や5ナンバー車であることだ。

 人気車であることも選ぶ基準になり得る。多くのユーザーが愛用する実績があるからだ。

 特に運転に不安を感じやすい初心者やペーパードライバーの場合、周囲に自分の愛車と同じクルマが走っていると安心感につながる。

クルマを持ちたくなった若者にオススメのクルマは?

 まず若いドライバーには、コンパクトで適度に個性的な車種を推奨したい。若ければ流行に沿ったカッコよさも大切だろう。

 具体的にはコンパクトSUVが考えられる。ライズは外観が野性的な人気車で、コンパクトな視界のいいボディによって運転しやすい。

 軽自動車のハスラーは、車内が広く、荷室などの実用性とSUVのカッコよさを両立させている。コンパクトカーのスイフトは、軽いボディで軽快な運転感覚を楽しめる。

2020年の新車登録台数を見ると、ライズは1月と2月が1位、3月4位、4月7位、5月2位とSUVとしては驚異的な人気となったトヨタライズ

■クルマを持ちたくなった若者にオススメ車1/TOYOTA ライズ(1Lターボ)
■ここがオススメ/全長が4m以下に収まる5ナンバーボディに直列3気筒1Lターボエンジンを搭載したコンパクトSUV。カッコよくて運転もしやすい
■価格帯/167万9000~228万2200円
■ボディサイズ/全長3995×全幅1695×全高1620mm

初代ハスラーに続いて2代目も大人気。ハスラーの後席には前後スライドと背もたれを前側に倒すと座面も連動して下がる機能が採用されていて非常に便利

■クルマを持ちたくなった若者にオススメ車2/SUZUKIハスラー(660cc/660ccHV)
■ココがオススメ/車内の広さやシートアレンジなど、基本的な機能はワゴンRと同じで実用性が高い。外観はSUVに仕上げて荷室は水洗いも可能だ
■価格帯/136万5100~174万6800円
■ボディサイズ/全長3395×全幅1475×全高1680mm

キビキビとした走りで若者が運転したら楽しいと感じるだろうと思いイチ押しのスイフト

■クルマを持ちたくなった若者にオススメ車3/SUZUKI スイフト(1.2L/1.2L、HVなど)
■ここがオススメ/車両重量は900kg前後と軽く、直列4気筒1.2Lエンジンにより機敏に走って運転が楽しい。実用燃費も優れ、内装は価格のわりに上質だ
■価格帯/153万5600~208万7800円
■ボディサイズ/全長3855×全幅1695×全高1500mm

子供の送り迎えに欲しいと思うクルマ

 今までは公共の交通機関を使って子供の送迎をしていたが、コロナ禍をきっかけにマイカーに変更したいママもいるだろう。このニーズには、後席側のドアをスライド式にした軽自動車やコンパクトカーが適している。

 中級以上のグレードなら、スライドドアに電動機能が備わり、雨天で傘を使っている時も乗り降りしやすい。電動スライドドアは特に幼い子供を抱えている時に重宝する。

 このニーズで最も推奨度が高い車種は軽自動車のタントだ。助手席側の前後のドアを両方ともに開くと、開口幅がワイドに広がって乗降性がいい。

 N-BOXは軽自動車では最大級の室内空間を備え、後席を後方にスライドさせると、車内の中央に広いスペースができる。

 子供を後席のチャイルドシートに座らせる作業もしやすい。コンパクトカーならソリオを推奨する。背の高いボディだが、軽自動車に比べると安定性も優れ、高速道路や峠道を走る機会のあるユーザーにも適する。

センターピラーレスドアで乗り降りがしやすいダイハツタント

■子供の送り迎えに欲しいというママにオススメ車1/DAIHATSU タント(660cc/660ccターボ)
■ここがオススメ/助手席側のピラーをスライドドアに内蔵したから、前後ともにドアを開くと開口幅は1490mmに広がる。ベビーカーを抱えて乗り降りできる
■価格帯/136万9500~178万2000円
■ボディサイズ/全長3395×全幅1475×全高1755mm

3年連続国内販売台数1位、5年連続軽販売1位を獲得している大ベストセラー車のN-BOX

■子どもの送り迎えに欲しいというママにオススメ車2/HONDA N-BOX(660cc/660ccターボ)
■ここがオススメ/軽自動車では車内が最も広く、チャイルドシートを装着した後席を前方にスライドさせると、最後部に子供用の自転車などを積める
■価格帯/141万1300~212万9600円
■ボディサイズ/全長3395×全幅1475×全高1790mm

運転がしやすく、後席ドアはスライド式で乗降性がいいのでおススメというスズキソリオ

■子供の送り迎えに欲しいというママにオススメ車3/SUZUKI ソリオ(1.2L/1.2L、HV)
■ここがオススメ/全幅は1625mmだから小型車では狭めに抑えた。後席のドアはスライド式だから、狭い駐車場でも乗降性がいい。運転もしやすい
■価格帯/145万9080~221万9800円
■ボディサイズ/全長3710×全幅1625×全高1745mm

子供ができたばかりのファミリーにオススメのクルマ

 子供が生まれたばかりのファミリーは、コロナ禍にかかわらず、クルマの必要性を感じることが多い。

 先に挙げた子供の送迎に適した車種も推奨できるが、子供が幼い時(乳幼児)は、全高が立体駐車場でも使える高さに抑えたコンパクトカーでもいい。

 フィットは全高が1550mm以下だから、マンションやショッピングセンターの立体駐車場を利用しやすい。

 また、燃料タンクを前席の下に設置したから荷室容量も大きい。後席も広く、足元空間の前後寸法は、3ナンバー車のシビックを若干上まわる。

 ファミリーにはコンパクトミニバンのシエンタも使いやすい。3列のシートを備えるので、2列目に2名分のチャイルドシートを装着しても、1列目と3列目に合計4名の大人が座れる。親子3世代で移動する時も便利だ。

後席の広さはチャイルドシートの設置も余裕。乗り心地もよく乳幼児にはピッタリなホンダフィット

■子供ができたファミリーにオススメ車1/HONDA フィット(1.3L/1.5L、HV)
■ここがオススメ/全長が4m以下で全高も立体駐車場を使える高さだが、後席と荷室は広い。歩行者を検知できる衝突被害軽減ブレーキなども採用する
■価格帯/155万7600~253万6600円
■ボディサイズ/全長3995×全幅1695×全高1515mm

5ナンバーの3列シート7人乗りミニバンとして人気のトヨタシエンタ

■子供ができたファミリーにオススメ車2/TOYOTA シエンタ(1.5L/1.5L、HV)
■ここがオススメ/薄型燃料タンクの採用で3列目席の床も低い。膝の持ち上がる窮屈な姿勢にならず、コンパクトミニバンながら多人数乗車も快適だ
■価格帯/180万9500~258万円
■ボディサイズ/全長4260×全幅1695×全高1675mm

クルマの必要性を感じたシニア層にオススメのクルマは?

 コロナ禍により、クルマを一度手放したシニアが、再び購入することもあるだろう。このニーズでは、運転のしやすさと併せて安全装備にも気を配りたい。

 軽自動車ではN-WGNがベスト。ホンダ車では初めて車両と歩行者に加えて自転車も検知できる衝突被害軽減ブレーキを採用した。

 水平基調のボディは視界がよく、最小回転半径も大半のグレードが4.5mだから運転しやすい。着座位置が適度で、乗降時の腰の移動量も少ないから体に優しい。

 コンパクトカーならヤリスがいい。設計が新しく、衝突被害軽減ブレーキは右折時の対向車や横断歩道上の歩行者にも対応した。走行安定性も優れ、安心して運転できる。

設計が新しく乗り心地が秀逸なホンダN-WGN

■クルマの必要性を実感したシニア層にオススメ車1/HONDA N-WGN(660cc/660ccターボ)
■ここがオススメ/設計が新しく軽自動車では走行安定性と乗り心地がいい。N-WGNは上級車種の経験が豊富なシニアでも満足できる。運転支援機能も先進的だ
■価格帯/129万8000~182万7100円
■ボディサイズ/全長3395×全幅1475×全高1675mm

走行性能や定低燃費、高い安全性でシニア層にオススメしたいトヨタヤリス

■クルマの必要性を実感したシニア層にオススメ車2/TOYOTA ヤリス(1L/1.5L/1.5L、HV)
■ここがオススメ/プラットフォームの設計が新しく、コンパクトカーでは安定性が優れている。衝突被害軽減ブレーキも先進的で安心感が高い
■価格帯/139万5000~249万3000円
■ボディサイズ/全長3940×全幅1695×全高1500mm

COLUM:コロナ禍の利用だけならトヨタのサブスクが得?

 最後に、定額制でクルマを利用するサブスクリプションサービスが最近増えたので紹介しておきたい。基本的にはカーリースや長期のレンタカーと考えればいい。

 背景にはクルマを買わなくなった若年層の需要を掘り起こす目的がある。また今は定額制の携帯電話が普及して、クルマの利用も月々の出費で考えるユーザーが増えた。こういった事情で定額制が生まれた。

 トヨタのKINTOは、契約期間が3/5/7年だ。3年契約なら、コロナ禍の終息まで使う用途にも適する。

 契約期間の途中で解約すると精算金を請求されるが、運転免許を返納する場合などは除外される。つまり高齢者を視野に入れたサービスでもある。

 KINTOの一番のメリットは、車両保険を含めた任意保険まで料金に含まれ、各種限定のない全年齢補償を付帯することだ。

 未成年が運転したり、任意保険を頻繁に使って等級の下がったユーザーではKINTOのほうが残価設定ローンなどに比べて出費を減らせる場合がある。

【画像ギャラリー】タイプ別ペーパードライバーにオススメの10車種を写真でチェック!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します