現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > 「ホンダe」パワートレインの仕様公開 100ps以上、200km走行可能

ここから本文です

「ホンダe」パワートレインの仕様公開 100ps以上、200km走行可能

掲載 更新
「ホンダe」パワートレインの仕様公開 100ps以上、200km走行可能

もくじ

ー グッドウッドで発表へ
ー すでに受注開始
ー 「安価すぎない」価格に

『ホンダe』すべての画像をみる

グッドウッドで発表へ

ホンダは電動シティカーであるホンダeの発表を前にその仕様を公表した。2020年に納車開始が予定されるこのクルマは、ホイールベース内の低い位置にバッテリーを搭載することによる50:50の前後重量配分と低い重心位置を特徴とする。後輪駆動であり、四輪に独立式サスペンションが装着される。

eには液冷式の35.5kWhバッテリーが使用され、200kmの走行が可能だという。急速充電により30分間で80%の充電が可能とされているが、満充電にかかる時間は不明だ。

航続距離はライバルとなるキアe-ニロの454kmや、BMW i3の310kmには及ばないが、シティカーらしく小さいバッテリーを搭載するため仕方ないとのことだ。

プロジェクトを統括する人見康平は、「われわれはこのセグメントには十分な航続距離を持っていると考えています。一部のひとは物足りなく感じるかもしれませんが、より大型のバッテリーを搭載するとパッケージングやバランスに悪影響を及ぼします」と語った。

eの英国デビューは今年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで予定されている。ホンダのブースで展示されるとともに、ヒルクライムにも出場するとのことだ。ホンダによれば、この時点までに「95%市販状態」となるという。これと同時に最新型NSXも展示されるとのことだ。

すでに受注開始

このeは2017年フランクフルト・モーターショーで発表されたアーバンEVコンセプトの市販型だ。このコンセプトの要素は多くが引き継がれているという。ドアミラーを置き換えるウイング型カメラは空気抵抗を90%削減し、車両全体の効率を3.8%向上させているという。

カメラシステムはノーマルおよびワイドのふたつのモードが用意され、通常のミラーよりも10%以上死角が小さいという。特別な撥水コートが施され、水滴による視界不良を防いでいる。

ホンダは最近eの受注を開始しており、2020年春には納車が開始される。テスラやプジョーe208などのライバルと同様、800ポンド(11万円)の予約金を収めることにより優先的な対応を受けられ、正式注文は今年中に行われるとのことだ。eの価格については未発表だが、もし予約をキャンセルする場合には予約金は返還される。

市販型に近い状態のeが今年のジュネーブモーターショーでeプロトタイプとして展示された。ホンダによればこのeという名称は市販型にも引き継がれるという。

「安価すぎない」価格に

ホンダはこのレトロなスタイリングはアップル製品のような魅力を持つと考えている。アーバンEVにも近いデザインだが、後部ドアが追加されている。技術仕様については明かされていないが、100ps、30.6kg-m「以上」であると語られている。

ジャズ(フィット)と比べわずかに短く、ミニのハッチバックよりも100mm前後高いと見られている。AセグおよびBセグ用に開発されたプラットフォームを使い、パナソニック製バッテリーを搭載する。リアに搭載されたモーターがリアを駆動し、タイトなコーナーではトルクベクタリング機能により優れたハンドリングを実現する。

空気抵抗削減のため、ドアミラーがカメラになるだけではなくドアハンドルも格納式になるという。コクピットは2枚の12インチのタッチスクリーンを中心とし、そのダッシュボードは木目調パネルで覆われる。シート表皮はポリエステルだ。

eは日本で生産され、2019年後半には欧州の一部地域で発売、その他では2020年に発売される。もちろん日本も販売対象地域だ。人見は、安価であることは「重要」としているが、「低価格は必ずしも成功を約束しません。アップル製品は安くないですが、みなが欲しがる付加価値を持っているでしょう。われわれは電気自動車についても同じことがいえると考えています」と付け加えた。

【キャンペーン】第2・4 金土日はお得に給油!車検月登録でガソリン・軽油5円/L引き!(要マイカー登録)

こんな記事も読まれています

アウディ A4シリーズ「A5」にモデル名変更!「A5」「S5」含む4車種を展開
アウディ A4シリーズ「A5」にモデル名変更!「A5」「S5」含む4車種を展開
グーネット
アウディ、F1プロジェクトのトップに元フェラーリ代表のマッティア・ビノットを起用。ザイドルらは離脱へ
アウディ、F1プロジェクトのトップに元フェラーリ代表のマッティア・ビノットを起用。ザイドルらは離脱へ
AUTOSPORT web
ミニカーやぬいぐるみは結構嬉しかったぞ! 新車購入で[ご成約特典]がなくなっていく世知辛いワケ
ミニカーやぬいぐるみは結構嬉しかったぞ! 新車購入で[ご成約特典]がなくなっていく世知辛いワケ
ベストカーWeb
クルマも家も快適な新アイテム5選!ソーラーライト/高圧洗浄ノズル ほか【動画あり】
クルマも家も快適な新アイテム5選!ソーラーライト/高圧洗浄ノズル ほか【動画あり】
グーネット
クルマ選びの新基準!「JU埼玉 適正販売店 認定中古車」がおすすめなワケ。
クルマ選びの新基準!「JU埼玉 適正販売店 認定中古車」がおすすめなワケ。
グーネット
ディーラーOPチラシで見る“名車・迷車の魅力”『ISUZU ビッグホーン(初代)』
ディーラーOPチラシで見る“名車・迷車の魅力”『ISUZU ビッグホーン(初代)』
グーネット
アウディ、ニュル最速の市販SUV『RS Q8パフォーマンス』を本国発表。最高出力は640PSに
アウディ、ニュル最速の市販SUV『RS Q8パフォーマンス』を本国発表。最高出力は640PSに
AUTOSPORT web
ついに新型 [スペーシアギア]が秋に登場!! 大人気の先代に続いてバカ売れなるか!?
ついに新型 [スペーシアギア]が秋に登場!! 大人気の先代に続いてバカ売れなるか!?
ベストカーWeb
ハンガリーGPのペースに改善の兆しを見るフェラーリF1代表「充分ではないが、大きく盛り返した」
ハンガリーGPのペースに改善の兆しを見るフェラーリF1代表「充分ではないが、大きく盛り返した」
AUTOSPORT web
【24’ 7/22最新】レギュラーガソリン平均価格175.4円 2週連続の値下がり
【24’ 7/22最新】レギュラーガソリン平均価格175.4円 2週連続の値下がり
グーネット
トンネルで時速335キロを達成するのは実はカンタンじゃなかった! ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」の偉業の舞台裏を紹介します
トンネルで時速335キロを達成するのは実はカンタンじゃなかった! ベントレー新型「コンチネンタルGTスピード」の偉業の舞台裏を紹介します
Auto Messe Web
新型[ハリアー]は1.5LターボHEV搭載が有力か!? 新世代エンジンで[期待度爆上がり]の最新情報
新型[ハリアー]は1.5LターボHEV搭載が有力か!? 新世代エンジンで[期待度爆上がり]の最新情報
ベストカーWeb
Cardo(カルド)のバイク用インカム PACKTALK シリーズの最上位機種「PACKTALK PRO」が7/26発売!
Cardo(カルド)のバイク用インカム PACKTALK シリーズの最上位機種「PACKTALK PRO」が7/26発売!
バイクブロス
“ル・マンの悲劇”の原因は「明確に特定」。アルピーヌA424、今季中にエンジンをアップデートへ
“ル・マンの悲劇”の原因は「明確に特定」。アルピーヌA424、今季中にエンジンをアップデートへ
AUTOSPORT web
「究極」の高速3シリーズ BMWアルピナ B3 GT ツーリングへ試乗 本物の最後は限定75台!
「究極」の高速3シリーズ BMWアルピナ B3 GT ツーリングへ試乗 本物の最後は限定75台!
AUTOCAR JAPAN
6万2980円の「大人レゴ」登場! 3893ピースの「マクラーレンP1」のV8エンジンやサスペンションは組み立てに没入できる作り込みで後悔させません!
6万2980円の「大人レゴ」登場! 3893ピースの「マクラーレンP1」のV8エンジンやサスペンションは組み立てに没入できる作り込みで後悔させません!
Auto Messe Web
3年ぶりエミル・フレイが勝利の美酒。ウインワードAMGはBMWとの接戦を制する/GTWCヨーロッパ第5戦
3年ぶりエミル・フレイが勝利の美酒。ウインワードAMGはBMWとの接戦を制する/GTWCヨーロッパ第5戦
AUTOSPORT web
”全長10m”の「3列6人乗りマシン」公開! 超豪華内装&画期的な「車幅広がる機能」がスゴイ! 走る家「アレグロブリーズ」の“お値段”とは
”全長10m”の「3列6人乗りマシン」公開! 超豪華内装&画期的な「車幅広がる機能」がスゴイ! 走る家「アレグロブリーズ」の“お値段”とは
くるまのニュース

みんなのコメント

この記事にはまだコメントがありません。
この記事に対するあなたの意見や感想を投稿しませんか?

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0340.0万円

中古車を検索
i3の車買取相場を調べる

査定を依頼する

メーカー
モデル
年式
走行距離

おすすめのニュース

愛車管理はマイカーページで!

登録してお得なクーポンを獲得しよう

マイカー登録をする

おすすめのニュース

おすすめをもっと見る

この記事に出てきたクルマ

新車価格(税込)

505.0610.0万円

新車見積りスタート

中古車本体価格

65.0340.0万円

中古車を検索

あなたにおすすめのサービス

メーカー
モデル
年式
走行距離(km)

新車見積りサービス

店舗に行かずにお家でカンタン新車見積り。まずはネットで地域や希望車種を入力!

新車見積りサービス
都道府県
市区町村