サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > クルマのパースペクティブ「第1回後編:破壊的な戦略価格の秘密、トヨタGRファクトリー」

ここから本文です

(中編より)

 圧巻なのは、最終確認工程だ。最終測定の工程はちょうど工場の敷地内の角を曲がったところにある。

クルマのパースペクティブ「第1回前編:T型フォード以来の生産革命、トヨタGRファクトリー」

 塗装のチェックブースから自走して出てきたヤリスは、角地で90度右折して計測ラインに入る。

 しかしトヨタはそこで大舵角を与えた後の応力がクルマに残るかもしれないことを嫌った。角地にはわざわざターンテーブルを置き、ステアリングが直進状態のまま、クルマはターンテーブル上で向きを変える。

■破壊的な戦略価格

 しかしトヨタの念の入れようはそれだけではない。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン