サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > レーシングドライバーの心に響いた! エンジンだけで乗る価値のあるクルマ3選

ここから本文です

 レースで伝説を残したモデルの心臓を受け継ぐ市販車

 1)日産スカイラインGT-R(PGC10)

レーシングドライバーでも操れない! 運転が難しすぎる市販車3選

 ファミリカーといえどもレーシングカーに搭載されるような強力なエンジンを搭載したモデルがかつては多く存在した。その走りになったと言えるのは1969年に登場した初代日産スカイラインGT-R(PGC10)通称「ハコスカ」と呼ばれるモデルだったろう。

 車体外観はファミリーセダンであるスカイラインのままで心臓部には純レーシングマシンである日産R380が搭載していたGR8型2リッター直6DOHCエンジンをデチューンしS20型と改名して搭載していた。