サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > レッドブル代表「このレースで25歳は老けたかも…内心ではマックスが勝つのは難しいと思っていた」/F1第17戦

ここから本文です
 2021年F1アメリカGP決勝で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンは優勝、セルジオ・ペレスは3位を獲得した。ドライバーズ選手権で首位のフェルスタッペンは2位ルイス・ハミルトン(メルセデス)との差を12点に拡大、コンストラクターズ選手権では、2位レッドブルがリーダーのメルセデスとのギャップを23点に縮めた。

■レッドブル・レーシング
チーム代表クリスチャン・ホーナー
 信じられないような勝利であり、ダブル表彰台だ! 我々にとって2013年以来初のアメリカGPでの優勝で、しかもそこに辿り着くまでの経過も素晴らしいものだった。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン