サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 2輪の名車「KATANA」とコラボ! 外観と走りの“切れ味”鋭い「スイフトスポーツ」【大阪オートメッセ2020】

ここから本文です

2輪の名車「KATANA」とコラボ! 外観と走りの“切れ味”鋭い「スイフトスポーツ」【大阪オートメッセ2020】

オーバーフェンダーでグラマラスなボディに!

 スズキは2月14日(金)~16日(日)に開催中の、大阪オートメッセ2020に同社の大型2輪車、KATANA(カタナ)をモチーフにした『スイフトスポーツ・カタナエディション』を展示中。ベース車両の素性を活かしつつ、随所に盛り込まれたKATANAの魂を感じて欲しい。

「クルマ、ときどきバイク」派にオススメ! 50万円以下で狙えるバラエティ豊富な軽二輪に注目

 40年前の1980年にプロトタイプが発売されて以来、優れた運動性能と洗練されたデザインで多くの人を魅了し、日本のみならず世界で高い人気を誇る『KATANA』。2019年には待ち望まれた新型モデルがデビューし大きな話題となった。まさにスズキを代表する2輪車の代表格といえる存在だろう。

 同じくスイフトスポーツは、初代HT81S(型式)が2003年に発売されて以来、国内外のモータースポーツで活躍するほか、モデルチェンジを重ねるごとに熟成を続けている名車だ。そんなクルマとバイクがまさかのコラボレーション。KATANAを彷彿とさせるデカールや、各部に赤を取り入れたシルバーのボディカラーを採用するなどで、随所にKATANAらしいテイストを盛り込んでいる。

 アップデートの内容は、外観の雰囲気を近付けるだけにとどまらない。真っ先に目に付くのはノーマルのスイフトスポーツに比べ、グラマラスなシルエットに変身させたオーバーフェンダー。前後バンパーとの繋がりや給油口まわりの処理も自然で、ボディをワイド化しながらひと目でスイフトスポーツと分かる、自動車メーカーならではの美しい仕上がりを見せている。

 フットワーク系パーツで注目したいのはタイヤだ。ドライ&ウエットで強烈なグリップを発揮する、アドバン・ネオバAD08Rの235/40-18をチョイス。片側で約10センチはワイド化したと思われる、オーバーフェンダーを装着しているからこそ収まるサイズだといえる。

 室内では、KATANAとスイフトスポーツに共通する熱く鋭い走りを想起させる、熱を帯びたマフラーをイメージしたチタンパネルをダッシュボード/シフトノブまわり/ドアの内装に採用。走行性能に影響するパーツではないものの、やる気を掻き立てつつ所有欲をくすぐることは間違いない。

 残念ながら、コンセプトモデルのため市販予定はないそうだが、自らの愛車として乗りこなしたい人は絶対に多いはず。ブースには新型KATANAも展示されているので、関西エリアの方などは、ぜひ現地に足を運び2台を間近で楽しんで欲しい。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します