サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > ニューモデル > トヨタ MIRAI、三菱ケミカルのバイオエンプラ「デュラビオ」を採用

ここから本文です
三菱ケミカルのバイオエンジニアリングプラスチック「DURABIO(デュラビオ)」が、トヨタ自動車が2020年12月から販売している燃料電池自動車、新型『MIRAI』のリアヒーターコントロールパネルに採用された。デュラビオがMIRAIに採用されたのは今回が初となる。

デュラビオは、再生可能な植物由来原料イソソルバイドを用いたバイオエンプラで、耐衝撃性・耐候性・耐熱性などで一般的なエンプラよりも優れた物性を持つ。また、一般的なエンプラは自動車のシートに含まれるアミンという物質により劣化することが知られているが、デュラビオは耐アミン性にも優れる。

おすすめのニュース

サイトトップへ