サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ホンダ新型「PCX」通勤インプレ! 街乗りを2週間してみて分かった2021年モデルの特徴|燃費・足つき・使い勝手をレビュー

ここから本文です

ホンダ新型「PCX」通勤インプレ! 街乗りを2週間してみて分かった2021年モデルの特徴|燃費・足つき・使い勝手をレビュー

2021年1月28日に発売された新型PCXシリーズ。今回は、原付二種(124cc)の「PCX」を通勤や買い物で約2週間使用した感想をお伝えします!

ホンダ「PCX」2021年モデル 通勤インプレ
上質感がグッとアップした新型PCX

ホンダの新型車「GB350」を徹底チェック!

あれは中学生の頃だろうか。初めてなめらかタイプのプリンを食べたのは……。あのときの感動と似たものをPCXに乗りながら感じています──。

新型PCXに初試乗したのは、2020年末に行なわれたプレス向け試乗会でした。そのときの感想を大雑把にいうと、軽い! 速い! 止まる!

新型は先代モデルと比べると、圧倒的にキビキビしていて、とくに出足の速さが光ります。信号待ちでは、隣にバイクが並んでくるのがひとつの楽しみに。競うわけではないけれど、50m走なら大型バイクにもおいていかれません。

テスター・太田安治さんが行なったクローズドコースでの実測検証によると、0-100mのタイムが7.322秒。100m地点での速度は70.71km/hという結果に。公道だったら、信号が青になった瞬間フルスロットルにしたら7秒ほどで法定速度オーバーですね。汗

同時に制動力もグッと強化されました。新型は初めてリアにディスクブレーキを採用。フロントのディスクブレーキにはABSも標準装備しています。

スロットルを開ける、戻す、ブレーキを握る。幹線道路をスクーターで走るとほとんどこの連続ですよね。加速・減速の基本性能が大幅にレベルアップした印象です。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します