サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 「愛車20年のワーゲンバスをゼロヨン仕様に改修!?」2.3Lのレース用エンジンを搭載

ここから本文です

最高出力は純正のおよそ6倍!?

13秒台を狙って進化を続けるワーゲンバスドラッグ仕様

「四国の名店『フィースト』がR35GT-Rのフルサポートを開始!」車両購入からチューニングまで万全の体制を構築

ワーゲンバス(Volkswagen Type2)を愛車に迎えて20年。アウトドアや普段使いを楽しんでいた相棒に、オーナーがある日与えたのは200psオーバーのレース用エンジンだった。

懇意にしているショップが、ワーゲンでレースを行なっていることもあって、レース用エンジンの搭載やセッティングは実にスムーズに進められたという。鍛造ピストンやハイカムが組み込まれた2.3L仕様のパワーユニットは、8000rpmまでストレス無く吹け上がっていく。

おすすめのニュース

サイトトップへ