サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > いやこれ『買い』でしょ!? スズキのジクサーSF250はコスパだけじゃなくて、走りにもかなり本気みたい!

ここから本文です

いやこれ『買い』でしょ!? スズキのジクサーSF250はコスパだけじゃなくて、走りにもかなり本気みたい!

驚愕プライスで話題のジクサーSF250ですが、このバイクって値段とかコスパだけじゃなくて、普通に見てカッコいいと思うんですよね。だってこのフェイスデザイン……他とは明らかに違って、キャラ立ちまくりだし。そのうえで実は、けっこう本気の走りの設計だってこと、ご存じですか?

250ccフルカウルスポーツに『喝!』を入れるジクサーSF250
まずもって、このフェイスデザインがインパクトです。

ホンダが「CB-F コンセプト」を世界初公開!

しかもMotoGPマシンを意識したトリトンブルーメタリックなんて、デカールのおかげでさらに目元が印象的じゃないですか!?

これ、2灯ヘッドライトが主流になっている250ccフルカウルスポーツに、一石を投じた感じがします。

何でもいいから『個性的であれば良い』とは思いませんが、このデザインは純粋に新しいし、カッコいい!

このバイクが税込価格で48万1800円って本当に信じられませんよね。

これはスズキが『若年層のライダーのため』として決めた価格だと聞いています。

もう、その志にシビれますね。

昔から、いつだってスズキは若い人の味方なんですから。

だって、最近の250ccフルカウルスポーツはABS搭載車なら65万円~が当たり前!みたいな空気感でしょう?

【スズキファンのためのWEBサイト!】



中には、80万円を平気でオーバーする車種だってあります。

高性能なのはわかるし、良いことだけど、ちょっと現実的じゃない……若い人には、さらにそうだと思います。

今や、大型バイクの新車が250ccより安いなんて事実もあるくらいですから(笑)

250ccのバイクとして『ジクサーSF250』は正しい
これはフルカウルのジクサーSF250だけじゃなく、ネイキッドのジクサー250にも共通して言えることかもしれませんけど、このジクサー250シリーズは『250ccとして正しい』と思っています。

その理由は『走るための基本性能』を妥協していないこと、です。

最近の大型バイクはトップエンドのクラスだと最高出力200馬力オーバーとか、普通の人が乗るには電子制御のサポート無しでは扱えないレベルにまで高性能化が進んでいます。

だから電子制御フル装備で、価格も高くなる。それは仕方ないことです。

でも個人的には『250ccクラスはそうじゃない』と思っているんです。

250ccバイクのあるべき姿
250ccのバイクにとって大事なことってなんでしょう?

ボクはそのひとつに『新しくライダーになった人が、バイクをもっと好きになってくれること』があると思ってます。

だからね、カッコいいことは大事!

やっぱりバイクはカッコよさが命です(笑)

そして、その後にライダーが『バイクで走ることの喜び』を感じてもらえることが大事だと思うんです。

その点で、ジクサーSF250は最高の1台でしょうね。

だって『走り』に対しても手抜きがない!

次ページ:『走りに本気』だと感じる理由

ジクサーSF250は真面目に走りを考えている
このホイールのデザインも素敵ですよね……切削されていてデザインも凝ってる上に軽快感もあってスポーティ!

じゃなくて!

フロントフォークは動きの良い正立フォークを選択。インナーチューブ径は直径41mmあるので、十分以上の剛性も確保されていると見るべきです。

そしてブレーキローターにはΦ300mmの大径ディスクを採用しています。

キャリパーもブレンボのセカンドラインであるBYBRE製を装備。

ABSは、この価格では信じられないですが標準装備です。しかも、前後輪を別々に制御する2チャンネルABSですから安心感も高い。

個人的にはブレーキのマスターシリンダーを最適化して、効力が早めに立ち上がる仕様にしているというメーカーのテストライダーさんの言葉が気になっています。

走るうえではブレーキタッチとかフィーリングは、何よりも大事ですから。

このあたりから、ジクサーSF250はまず、ちゃんと『止まる』ことを意識しているな、と感じるんです。

走るために、きちんと止まる性能を確保しているってことですね!

ジクサーSF250のハンドリングは?
実走行や跨ったことが無いので、確たることは言えませんがネイキッドのジクサーと比較すると、ジクサーSF250のハンドルは57mm遠く、62mm低い位置になります。

これだけ違えば、ライダーの重心もけっこう変わってくるでしょう。

そのためジクサーSF250はバネレートや減衰特性も変更して、よりフロントの接地感を高め、積極的に操るセッティングになっているとのこと。



ジクサー250SFはコスパも含めて『買い!』じゃない?
走りの性能に妥協が無くて、価格帯も現実的。

あとはこのスタイルが気に入れば、買わない理由はありません。

まぁバイクのスタイルの好き嫌いだけは個人ごとに千差万別ですから何とも言えませんけど、このデザインは誰が見てもカッコいいと感じると思います。

そのうえで、少なともジクサー250SFを買って、走りで不満があるようなことは無いだろうと予想している訳です。

COLOR VARIATION/ジクサーSF250



実際に乗ってみないことには、何とも言えませんけどネ……ちょっと期待が大きいっていうのが本音です。

発売は4月24日。もう間もなく!

実際に乗ることができたら、またこの『スズキのバイク!』でご報告させて頂きます!

ジクサー250/ジクサーSF250の足着き性は?
スズキWEBモーターサイクルショーの【ジクサー250ブース】でチェックできます!
ジクサーSF250をもっと詳しく!
スズキファンのためのWEBサイト!

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します