サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 【試乗】新型フォルクスワーゲン パサート ヴァリアント|余裕のある空間設計と静粛性が印象的

ここから本文です

楽しみな6年間の熟成

決して派手ではないが、内外装の質感の良さからチョイスするオーナーの人柄をうかがえるモデルというのがある。それがフォルクスワーゲン(以下、VW) パサートだ。

セダンと、ヴァリアントと呼ばれるワゴンタイプがある、このパサートがマイナーチェンジを迎えた。

VW パサートは1973年に登場した時に“B1”と呼ばれ、アップデートのたびに数字を更新し、最新は“B8”というジェネレーションになる。半世紀近い歴史があるモデルなのだ。

今回は、マイナーチェンが実施されたパサート・ヴァリアントを千葉県の富津で試乗する機会を得た。

おすすめのニュース

サイトトップへ