サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > ミニバン市場に異変! バカ売れだった「ノアヴォク・セレナ・ステップワゴン」が売れないワケ

ここから本文です
 ミニバンクラスでもっとも売れているのはアルファードだ

 かつてミニバンと言えば、トヨタのノア系(ノア、ヴォクシー、エスクァイア)や、日産セレナ、ホンダ・ステップワゴンなど、5ナンバーサイズで背が高く、サイドのリヤドアにスライドドアを採用する、ミドルクラスミニバンが売れ筋であった。しかし、最近では2021事業年度締め(2020年4月から2021年3月)年間販売台数でアルファードが10万台強を販売し、ミニバン販売でナンバー1になるなど、様子はだいぶ変わってきているようである。

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン