サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 日産が新型4WD「サーフアウト」を世界初公開! NISSAN顔強調した鮮烈外装 キャンプの楽しみ方も広がる機能とは?

ここから本文です

日産が新型4WD「サーフアウト」を世界初公開! NISSAN顔強調した鮮烈外装 キャンプの楽しみ方も広がる機能とは?

■「砂の上でも舗装路のように走行可能」な先進EV

 日産は、2021年11月29日に長期ビジョン「Nissan Ambition 2030」を発表し、あわせて複数のコンセプトモデルを発表しました。

【画像】アウトドア映えスゴい! 日産 新型4WD 新型「サーフアウト」の実車を画像で見る(30枚)

 そのなかで、ピックアップトラック型の4WD電気自動車(EV)コンセプトとして発表したのが「サーフアウト」です。どんな特徴があるのでしょうか。

「Nissan Ambition 2030」で公開されたコンセプトモデルのうち3台には、日産が「(電動SUVの)アリアや次世代クロスオーバーEVの先を見据えた、将来の技術の方向性を示すスタディ」であると説明する「ニッサンEVテクノロジービジョン」が採用されています。

 小型化した各コンポーネントを統合し、高いエネルギー密度の全固体電池(ASSB)を採用。見た目は平べったいスケートボードのような形状をしています。

 前後にモーターを配しており、進化した「e-4ORCE」(4WD制御技術)や「ProPILOT」(運転支援技術)の搭載にも対応しています。低重心かつ超軽量設計、重量配分の最適化も実現しているのが特徴です。

 日産はこのビジョンを基に、さまざまなボディタイプのEVを開発して、それぞれで最高のパフォーマンスを発揮させるといいます。またハードウェアの構造が最適化されたことで、今後複雑化していくソフトウェアの性能も最大限に引き出せるということです。

 そして、ニッサンEVテクノロジービジョンを基に開発されるサーフアウトは、「砂の上でも舗装路のように走行可能」と日産が謳う、ピックアップトラック型の4WD電気自動車コンセプトとして登場。

 外観は、日産の新ロゴではなく「NISSAN」と表示された状態が標準になるといい、鮮やかなオレンジ色のボディと相まって、存在感を主張します。なお日産新ロゴはボディ側面に配されました。

 また、進化したe-4ORCEも搭載され、高い走破性を誇るといいます。

 全固体電池の性能を生かし、目的地に到着した後にサーフアウト自体を電力源として使用することも可能だといい、アウトドアでの楽しみ方も広がりそうです。

 新型電動SUV「アリア」の本格展開を控える日産ですが、今後登場する新たなEVにも注目が集まります。

 それではここで、2021年時点で日産の最新EV(市販モデル)として発表されている新型アリアに関するクイズです。

 アリアに搭載される駆動用バッテリー(リチウムイオン電池)は、総電力量の大小で2種類が設定されます。大きい方の駆動用バッテリーの総電力量は、何kWhでしょうか。

【1】45kWh

【2】60kWh

【3】75kWh

【4】90kWh

※ ※ ※

 正解は【4】の「90kWh」です。

 アリアに搭載される駆動用バッテリーの総電力量は65kWhと90kWhの2種類。一充電あたりの航続可能距離(2WD仕様の場合)は65kWh仕様が最大450km、90kWhが最大610kmと、ロングドライブにも耐えうるスペックを備えています。

※クイズの出典元:カーデイズ

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します