サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > カサカサに劣化した愛車をなんとかしたい! お金はかかるけどプロが「全塗装」をオススメするワケ

ここから本文です

旧車を長く乗るならいつかは検討する日が来る

 純正での塗装の質がよくなったこともあって、最近はあまり聞かなくなった全塗装。オールペイントとも呼んだり、さらに全塗やオールペンなど、略すこともある。略すと通っぽくなる言葉でもある。

世界に1台しか存在しない「先行試作カラー」の「R32」とは? 都市伝説級の激レア「スカイラインGT-R」

 あまり聞かれなくなったとはいえ、古いクルマでは今でもお馴染みの言葉というか行為だ。塗装とは簡単に言ってしまうと樹脂なので、紫外線をできるだけ当てないようにしたり、ワックスなどで油分を補給したり保護しても、劣化の進行は避けられない。遅かれ早かれ、限界を迎えてしまう。

 限界とは、色があせたりクリア層が剥がれて白くなったり。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン