サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 持続可能な公共交通…通学や買い物ニーズに対応 小松市で実証実験の予定

ここから本文です
日野自動車は11月30日から2021年2月中旬まで、小松市で地域全体で支える持続可能な地域公共交通の構築を目的とした実証実験を実施すると発表した。

日野は小松市と2019年7月に「地域公共交通を活かした魅力あるまちづくりに関する協定」を締結し、買い物や通勤時の移動用の公共交通機関として「生活サポートバス(らくバス)」と「工業団地通勤シャトル」を運行する実証を実施した。この結果、運転が困難者でも気軽に買い物や通勤に利用できる、免許返納後の移動手段として評価された。運用面でも地域の遊休車両の活用方法や利用率向上のための運行形態など、多くの知見を得ることができたとしている。

おすすめのニュース

サイトトップへ