サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > 業界ニュース > 東レとNEC、品質データ基盤を構築 検査情報 デジタルで共有

ここから本文です
 東レは29日、製品の品質検査情報をサプライチェーン全体で共有するデータ基盤を日本電気(NEC)と構築したと発表した。東レが検査機器から抽出した品質検査情報をデジタルデータとして収集・保存し、NECとともに開発したデータ基盤を通じて共有する仕組みを整えた。収集したデータはグループ外の企業を含めた取引先でも活用できるため、サプライチェーン全体の品質向上に寄与していく。

 新たに構築した品質データ基盤では、製造現場の従業員や設備に係る情報のみならず、原料や委託品の検査情報をデジタル化して管理することができる。

おすすめのニュース

サイトトップへ