サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > 【F1第2戦無線レビュー】リタイアするまで同士討ちを知らされなかったベッテル「だれだ?いきなりイン側からぶつけられた」

ここから本文です

 F1第2戦シュタイアーマルクGPはルイス・ハミルトン(メルセデス)がポール・トゥ・ウインを達成。予選2番手の位置からスタートしたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)は、バルテリ・ボッタス(メルセデス)の追撃を振り切れず3位表彰台。一方のフェラーリ勢は新型フロントウイングを投入もまさかの同士討ち、データをとることなくレースを終えた。そんなF1第2戦の模様を無線とともに振り返る。

-------------------------------

グランプリのうわさ話:メルセデスF1、ボッタスとの契約延長を決断か

 F1史上初となる同じサーキットでの2週連続開催。

おすすめのニュース

サイトトップへ