サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > ポール&2位に嬉しさと悔しさが交錯するウェッズ坂東正敬監督「FCYがなければ……」【第7戦もてぎGT500決勝】

ここから本文です

「課題が見えたレースでしたね」

 11月6~7日にツインリンクもてぎで開催されたスーパーGT第7戦『MOTEGI GT 300km RACE』の決勝終了直後、ポールポジションから2位でチェッカーを受けたTGR TEAM WedsSport BANDOHの坂東正敬監督はそう語り始めた。

2台の一騎打ちは劇的な幕切れ。ファイナルラップで首位カルソニックがスローダウンし、ARTAが逆転優勝【第7戦GT500決勝レポート】

 公式予選で2021年シーズン2度目のポールポジションを獲得した19号車WedsSport ADVAN GR Supra(国本雄資/宮田莉朋)は決勝序盤からレースをリードし、2016年の第7戦タイ以来となる5年ぶりのポール・トゥ・ウイン獲得へ向け快調な走り出しを見せた。

おすすめのニュース

サイトトップへ

あわせて読みたい

サイトトップへ