サイトトップへ

サイト
トップへ


現在位置: carview! > ニュース > スポーツ > MotoGP:スズキ、セパンで2020年型GSX-RRをアンベイル。シルバーが追加され60周年記念のニューカラーに

ここから本文です

MotoGP:スズキ、セパンで2020年型GSX-RRをアンベイル。シルバーが追加され60周年記念のニューカラーに

MotoGP:スズキ、セパンで2020年型GSX-RRをアンベイル。シルバーが追加され60周年記念のニューカラーに

 ロードレース世界選手権MotoGPに参戦するチーム・スズキ・エクスターは2月6日、マレーシア・セパン・インターナショナル・サーキットで2020年シーズンの体制発表を行った。継続参戦するアレックス・リンス、ジョアン・ミルが登場するとともに2020年型のスズキGSX-RRを公開した。

 2002年に500ccから990cc(現在は1000cc)へとレギュレーションが変更されたタイミングで、V型4気筒エンジンのスズキGSV-Rを投入しMotoGPを戦っていたスズキは、2011年末にMotoGPの参戦を一時休止を発表。

MotoGP:マルケス兄弟擁すレプソル・ホンダがインドネシアで体制発表。20年型RC213Vもアンベイル

 そして2015年からは、新たに開発した並列4気筒エンジンを搭載したGSX-RRを使用してグランプリを戦い、2020年で復帰6年目を迎えた。

 今年もチーム名はチーム・スズキ・エクスターとし、チーム4年目となるリンスと2年目のミルと昨年同様のライダーラインアップが継続され、2020年シーズンもMotoGPに挑む。

 リンスは2018年に初表彰台を獲得したが、昨年は第3戦アメリカズGPと第12戦イギリスGPで2勝を挙げる活躍を見せ、ランキングは4位と上り調子のスズキのエースライダーだ。

 チームメイトのミルは2019年にMotoGPクラスにステップアップを果たしたライダー。ルーキーイヤーはシーズン中のオフィシャルテストで怪我をしてしまい2戦欠場したものの、出場した17戦中10度トップ10フィニッシュし、ランキングは12位と期待が持てる成績を残した。

 今回行われた発表会では、チームマネージャーのダビデ・ブリビオ氏、テクニカルマネージャーの河内健氏、チームディレクターの佐原伸一氏、そしてテストライダーのシルバン・ギュントーリが出席し2020年の意気込みやニューマシンについてを語る。

 その後チームのライダーであるリンスとミルが登場し意気込むと、スズキのMotoGPマシンであるGSX-RRの2020年型がお披露目された。

 マシンのカラーはブルーが継承されたが、フロントフェンダーからリヤにかけ新たにシルバーが多く配色された。レーシングスーツもカラーはブルーであるが、胸の部分はグレーの配色がされていた。このカラーリングは、マン島で開催されたツーリスト・トロフィーに初参戦した1960年からレース参戦60周年を記念したものだ。

 ふたりのスペイン人ライダーを擁しMotoGPを戦うチーム・スズキ・エクスター。2020年は何度勝利を飾れるだろうか。

2020年型スズキGSX-RR各部位の詳細写真はこちらから

おすすめのニュース

サイトトップへ

(株)カービュー関連サービス

メールマガジン メールマガジン

愛車無料一括査定

あなたの愛車今いくら?

車の種類を選択
事故車 商用車
お住まいの郵便番号を入力
-
※郵便番号がわからない方はこちら

※(株)カービューのページへ移動します